新芝浦駅は、横浜市鶴見区末広町二丁目にある、JR東日本鶴見線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




鶴見線海芝浦支線の新芝浦駅でございます。ここから終点の海芝浦駅までは単線ですが、この駅は相対式2面2線でございます。海芝浦方面には東芝京浜事業所の専用線へ繋がっている貨物線がございます。東芝京浜事業所の正門はこの新芝浦駅すぐにございます。元々はこの新芝浦駅が終点で、海芝浦駅は通用口を利用する従業員のために設置したって流れのようでございますな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    新芝浦駅(しんしばうらえき)は、神奈川県横浜市鶴見区末広町二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)鶴見線(海芝浦支線)の駅である。駅名の由来は芝浦製作所(現在の東芝)の最寄り駅として開設されたことによるもの。駅名に「新」がついたのは、東京に芝浦駅(貨物駅・現在は廃止)があったためである。相対式ホーム2面2線をもつ地上駅で、西側のホームに上り列車(浅野方面)が、東側のホームに下り列車(海芝浦方面)が発着する。2つのホームにはそれぞれ上屋があり、駅舎は西側のホームの海芝浦方にある。東側のホームは運河に面し、駅舎へ海芝浦方の端から構内踏切が伸びている。西側のホームと駅舎との間は数段の階段で結ばれている。駅舎は木造一階建ての建物である。中央部に簡易Suica端末と集札箱が置かれている。かつては駅舎の中にキヨスクがあったが後に撤去された。トイレは設置されていないが、かつては駅舎横の海芝浦方に男女共用の水洗式トイレが設置されていた。無人駅である。当駅から海芝浦方面へは単線になっている。一見複線に見えるが、海芝浦駅に向かって右手の線路は東芝京浜事業所の専用線へと繋がる授受線である。ここでJR貨物と東芝との間で貨車の授受が行われる。JRの特定都区市内制度における「横浜市内」の駅である。当駅では、臨時車扱貨物を取り扱っている。定期貨物列車の発着は無いが、海芝浦駅方面に向けて東芝京浜事業所へ続く専用線が存在し、工場で生産された、あるいは工場に入荷する変圧器などの大型機器を輸送するために、特大貨物輸送列車(大物車を使用)が発着することがある。ホームから海芝浦駅に向かって左手の線路が海芝浦支線の本線、その右手にある線路が東芝京浜事業所の専用線に繋がる授受線である。授受線から専用線構内の入換は東芝が所有するスイッチャーが行う。横浜市鶴見区の埋立地にある駅で、周囲は工業地帯となっている。当駅のすぐ南には東芝京浜事業所の入口があり、それより南側は東芝の敷地である。隣の海芝浦駅は従業員専用の通用口のみとなっているため、東芝京浜事業所への来訪者はこの駅で下車し、正門から入ることになっている。当駅前までは道路が通じており(公道ではない)、徒歩で浅野駅方面へ連絡することも可能である。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ