東釧路駅は、北海道釧路市にある、JR北海道根室本線と釧網本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。














根室本線と釧網本線の東釧路駅でございます。現在は島式1面2線の無人駅でございますが、根室本線と釧網本線の分岐する駅でもあり、多くの側線があったであろう広い構内でございます。駅のすぐ傍らに立ち並ぶ住宅も、かつて敷設されていた側線の跡や釧路臨港鉄道、太平洋炭礦の関連施設跡に建てられたものですな。周辺は現在では釧路市のベッドタウンになっているのだそうですな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    東釧路駅(ひがしくしろえき)は、北海道釧路市貝塚2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。当駅の所属線である根室本線に、当駅を起点とする釧網本線が乗り入れ、かつては釧路臨港鉄道の接続駅としての役割があった。また現在、複数の鉄道路線が接続する駅としては日本最東端にあたる。島式ホーム1面2線の地上駅。駅舎とホームの間はかつて側線などが敷かれていたためやや距離があり、通路と構内踏切で結ばれる。原則として1番のりばが釧網本線、2番のりばが根室本線(花咲線)となるが、両線ともどの方向にも発着できる構造となっている。釧路駅管理の無人駅となっている。かつて駅周辺は、太平洋炭礦の関連各社のオフィスや工場が立地していたが、現在は郊外への移転により大型小売店や宅地などへと転換されている。さらに、駅構内の土地のほとんどが国鉄清算事業団による払い下げで、急速に宅地化が進んでいる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ