八十場駅は、香川県坂出市西庄町にある、JR四国予讃線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








予讃線の八十場駅でございます。相対式2面2線の無人駅でございます。駅舎はございません。それぞれのホームに直接入る形でございます。普通列車のみ停車いたします。かつては普通列車もほとんど通過する仮乗降場同然の駅で、一日上下1本ずつしか停車しない駅であったのだそうです。しばらくはとても短いホームしかなく、ドアカットが行われていたそうですが、ホームが延伸されて現在では普通列車のすべてがドアカットなしで停車いたします。ところてんの名店として著名な八十八ところてん清水屋が約500mほどの位置にございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    八十場駅(やそばえき)は、香川県坂出市西庄町にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅。普通列車以外は通過となるため、瀬戸大橋線系統の列車は停車しない。相対式ホーム2面2線を持つ地上駅で無人駅である。かつてはホームが1両分しかなく、国鉄時代は仮乗降場同然の扱いで普通列車もほとんど通過していた。下りホームは、枕木を積み重ねただけだった。讃岐府中駅と共に「一日上下1本ずつしか停車しない駅」として紹介されたこともあり、特に同じくほとんど停車列車のなかった「八十場→讃岐塩屋」は1980年頃までの時刻では、近距離であるにもかかわらず当日のうちに到達することは不可能だった。JR化直前の電化完成後は停車列車が増え、ホーム延伸で2両分になったが、進行方向後寄りの2両のみドア開閉し、前寄りの1、2両が締切扱いだった。現在は4両分となっている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ