宮島ボートレース場駅は、広島県廿日市市にある、広島電鉄の臨時駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




広島電鉄宮島線の宮島ボートレース場駅でございます。宮島競艇開催日のみ営業する臨時駅でございます。相対式2面2線の地上駅となっております。昨年2021年(令和3年)9月に、広電宮島口駅のリニューアルに伴う線路移設でこの駅もホームの位置が変更されております。宮島競艇場の正門に直結する駅でございます。ワタクシ宮島競艇場には数度入場したことがございます。そのうちの二度は舟券を買わずに場内の食堂で昼食を食べる目的のみでございました。観光地でランチ、の裏技でございますw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    宮島ボートレース場駅(みやじまボートレースじょうえき)は、広島県廿日市市宮島口一丁目にある広島電鉄宮島線の駅(臨時駅)。宮島競艇場の最寄り駅で、宮島競艇開催日のみ営業する臨時駅である。ただ宮島競艇は場外発売も含めると1週間に5日程度(年間300日程度)開催されているため駅の開設頻度は高く、「開設日が少なく、利用の機会が限られる」というイメージの臨時駅にあっては容易に利用できる。臨時駅であることから、広電全線で導入されている駅ナンバリングの対象から外れている。当駅はホームが地面に接して置かれる地上駅という形態をとり、2面あるホームは2本の線路を挟み込むように配置されている。以前は互いのホーム位置は斜向かいにずれていて、路線の起点から見て手前に広電西広島駅方面へ向かう上りホーム、奥に広電宮島口駅方面へ向かう下りホームがあり。上りホームの宮島口方と下りホームの西広島方の間には踏切があった。 線路移設工事に伴い、下りホームが広島側に移設されたため、現在は上りホームと向かい合うように配置されている。上りホームには屋根とベンチが備え付けられ、電車接近表示器および構内踏切が設けられている。構内踏切は営業時間外には動作せず、遮断機が下りたままとなる。対して、下りホームには屋根やベンチの類は設置されていない。現在は上りホームのみ、かつて宮島線内で運行されていた鉄道車両専用の高床ホームが残されていて、床の位置が高くなっている箇所がある。駅は宮島競艇場の正門前に位置する。隣駅で宮島線の終点である広電宮島口駅とは200メートルしか離れておらず、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽線の宮島口駅も徒歩圏内にある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ