松前駅は、愛媛県伊予郡松前町にある、伊予鉄道郡中線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






伊予鉄道郡中線の松前駅でございます。単式島式複合型2面3線のうち、一番外側の1線は使用されておらず、架線が張られていないため、実質的な相対式2面2線の駅となっております。ホーム間は遮断機付き構内踏切で連絡しております。開業時以来とされる古い大きな木造駅舎でございます。明治29年築なのではないかとされておりますが、資料が現存しないため正確には解らないのだそうですな。松前は「まつまえ」ではなく「まさき」でございます。これをまっさきに言おう(←みえみえ、かつ、くだらねーw)と思ったんですがね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    松前駅(まさきえき)は、愛媛県伊予郡松前町にある伊予鉄道郡中線の駅である。数少ない直営駅の1つで、余戸駅と共に郡中線の交通結節点に指定されている主要駅。土曜を除く平日の朝に2便、松山市発松前行きという当駅止まりのダイヤが存在する。 この便は臨時列車扱いであるが実際には定期便として利用されている。(当駅に到着後、松山市方面へと折り返す。)緊急時の区間運転では折り返し駅となる。南予鉄道の開業時から存在する、非常に長い歴史を持つ駅である。松前は漁村で、かつては「おたたさん」と呼ばれる行商の女性が当駅から魚介類を天秤棒に担いで乗車し、城下(松山市)へ売りに行った。対向式2面3線のホームを持つ有人駅である。うち1線は、貨物列車が運転されていたころに側線として使われていた(現在は使われていない)。なお、当駅のポイント線路は電動式である。平日朝2往復は当駅始発終着であるほか、郡中線は緊急時に、当駅か余戸駅での折り返し運転を実施する。現在の駅舎は南予鉄道開業時の明治29年築の可能性があるが、記録が残っていないため証明はできないという。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ