伊予大洲駅は、愛媛県大洲市中村にある、JR四国予讃線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








予讃線の伊予大洲駅でございます。予讃線は伊予市の向原駅からここまでの間、海側を走る本線と山側を走る新線内子線ルートの二つのルートに分かれます。海側を走る本線には愛称「愛ある伊予灘線」が名付けられております。新線内子線ルートは正確には向井原駅から内子駅までと新谷駅から伊予大洲駅までが予讃線の支線、内子駅から新谷駅までが内子線という内訳になっております。ややこしいですな~。2面3線のいわゆる国鉄型配線の駅でございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    伊予大洲駅(いよおおずえき)は、愛媛県大洲市中村にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅である。駅名標のコメントは「おはなはんと鵜飼いの駅」。大洲市の中心駅で、全特急列車及び観光列車「伊予灘ものがたり」が停車する。「愛ある伊予灘線」の愛称が付けられた伊予長浜経由の本線と、内子線経由の新線の分岐駅である。駅舎に接した単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の、合計2面3線を持つ地上駅。通票閉塞時代に当駅を通過する列車が存在したため、タブレット授受器が1、2番線にあった。ホーム同士は跨線橋で接続している。特急「宇和海」は全て、宇和島方面が駅舎側の1番線から、松山方面が島式ホームの2番線から、それぞれ発着する。3番線は観光列車「伊予灘ものがたり」のほか、普通のうち特急「宇和海」の待避および当駅始発の列車が使用する。直営駅であるが、早朝・夜間は改札も含めて無人となるため、その時間帯は特急列車を含めて到着列車の切符は車掌または運転士(ワンマン列車)が回収する。なお、従来からの近距離自動券売機に加え、みどりの窓口の廃止によりみどりの券売機プラスを新たに設置したことで、それまで営業時間外のため購入できなかった指定席特急券・定期券などが早朝・夜間でも購入できるようになった。かつて駅舎内には旅行センター「伊予大洲駅ワーププラザ」が、待合室にはキヨスクがあったが、ともに閉店した。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ