千里丘駅は、大阪府摂津市千里丘一丁目にある、JR西日本東海道本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








東海道本線の千里丘駅でございます。JR京都線の愛称区間に含まれている駅でございます。複々線区間にある島式2面4線の地上駅ですが、外側線は通過線のため柵が設置されており、実質的に相対式2面2線の駅となっております。橋上駅でございます。ホームは1階、改札とコンコースは2階にございます。千里という地域名は複数の市に跨っており、ここは摂津市でございますな。ワタクシはずっと吹田市だとばかり思っておりましたですわ。間違いを是正するようにセッツかれた気分ですな(←だから無理にしょーもないことを、とあれほどw)。駅舎壁面にベタ付けされているシンボルがいい味出してますな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    千里丘駅(せんりおかえき)は、大阪府摂津市千里丘一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。摂津市内では唯一のJRの旅客駅である(貨物駅も含めると当駅の他に大阪貨物ターミナル駅がある)。市内の駅の中では群を抜いて利用客数は多いが、駅自体は吹田市域や茨木市域と近接する位置にあり、両市からの利用も多い。また吹田市については、市外でありながらコミュニティバス(すいすいバス)を駅前に発着させている。旅客線のみに島式ホーム2面4線を持つ地上駅で橋上駅舎を有する。ただし、通過列車のみの1番のりばと4番のりばは柵が設置されており、利用できなくなっている。分岐器や絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。周囲は摂津市西部の北端に当たり、東海道本線の北側を並行する府道14号大阪高槻京都線(産業道路)を越えた辺り(約200m先)から吹田市域に入る。また、当駅から茨木駅方面に向かって約400m先からは茨木市域に入る。当駅一帯は千里丘陵ではなく、そこから南東に外れた麓に当たる。摂津市の町丁としての千里丘は、当駅一帯およびそこから南西に広がる地域で、東海道本線以北の市域をおおよその範囲とする(ただし、旧吹田操車場跡地一帯は千里丘新町として分離している)。地域名としての千里丘は、町丁の千里丘と千里丘新町、およびそれらと東海道本線の南東側で隣接する地域、また町丁の千里丘の北に隣接する吹田市の地域などからなる一帯の呼称である。なお、「千里丘」の付く町丁は摂津市と吹田市の双方に存在するが、いずれも千里丘駅の開業後に設けられている。駅東口には駅前再開発によりフォルテ摂津が建設され、バスターミナルも整備された。引き続き、西口も再開発中である。駅から南へ歩くと摂津市立総合福祉会館があり(現在は建物の老朽化により閉鎖)、プラネタリウムを楽しむことができた。当駅の東と西を結ぶ大阪府道142号正雀停車場線(旧・大阪府道2号大阪中央環状線)は、かつては片道1車線の狭路で、交互信号が設置されていた。再開発とともに、この道路トンネルの拡幅工事も進められ、2009年(平成21年)10月、2車線通行が可能になった。また、かつては時間帯右折禁止だった、産業道路吹田市街方面からの右折(千里丘駅・門真市方面)が、これに併せて終日可能となった。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ