摂津富田駅は、大阪府高槻市富田町にある、JR西日本東海道本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。










東海道本線の摂津富田駅でございます。JR京都線の愛称区間に含まれている駅でございます。複々線区間にある島式2面4線の地上駅で、橋上駅となっております。外側線は通過線で、ホームに柵が設置されております。従って実質的に相対式2面2線の駅となっております。ところで、富田は「とみた」ではございません。え?知ってる?そうですかそれはそれは、とんだ失礼を(←わざとらし過ぎるだろぉいくらなんでもw)いたしました。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    摂津富田駅(せっつとんだえき)は、大阪府高槻市富田町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。島式ホーム2面4線を有する地上駅になっている。駅舎は橋上駅である。分岐器や絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。一般の改札口は橋上中央部にある。また、ホーム東端の跨線橋には松下口という出場専用の改札があり、平日朝はパナソニックや明治の社員が、休日は真如苑(悠音精舎)行きの臨時バスに乗車する乗客が利用する。これ以外の時間帯は閉鎖されている。2つのホームの西側の上屋根を支える支柱として、日本の鉄道開業当初に多く用いられた双頭レールが再利用されている。駅名は旧摂津国と三島郡富田村に由来している。三重県に既に富田駅(とみだえき、JR東海・関西本線)が1894年7月5日に開業しており、旧国名の「摂津」をつけて区別したものである。ちなみに、和歌山県には紀伊富田駅(きいとんだえき、JR西日本・紀勢本線)が1933年12月20日に開業している。これも同じ地名に由来する駅が2つ以上存在する場合は旧国名を頭に付けて区別する、という慣例に従っている。旧国名としての「摂津」を冠した駅は、摂津本山駅(JR神戸線)と当駅のみであり、私鉄には存在しない。1928年1月16日開業の阪急京都線(旧新京阪鉄道)の富田駅は摂津富田駅よりも後の開業で、開業当時の駅名は富田町駅であった。富田町駅は1957年(昭和32年)7月1日に富田駅に改称されている。当駅と阪急京都本線富田駅間は約300メートルと比較的近いため、乗換の検索ソフトでは両駅が乗り換え駅として表示されるものもある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ