池田駅は、大阪府池田市栄町にある、阪急電鉄宝塚本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。





阪急電鉄宝塚本線の池田駅でございます。島式1面2線の高架駅となっております。3階にホームがあり、2階が改札とコンコースになっております。1階には商業施設として様々店舗が営業しております。阪急創始者の小林一三さんがこの地に住まい、阪急グループ各社の登記上の本店がここにあるなど、阪急グループの思い入れの強い場所でございますね。小林一三さんが収集した美術品を収蔵している逸翁美術館も付近にございます。私鉄が開発した郊外住宅地の嚆矢の地でもございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    池田駅(いけだえき)は、大阪府池田市栄町にある、阪急電鉄宝塚本線の駅。2003年(平成15年)8月30日のダイヤ改正以降、全営業列車が停車するようになった。また、阪急宝塚本線では大阪梅田方面より見て大阪府内最後の駅でもある。駅スタンプが設置されている。当駅は阪急阪神ホールディングス、阪急電鉄の登記上の本店所在地で、平井車庫が1971年(昭和46年)に開設される前には宝塚方に池田車庫が存在していた。その後、池田車庫の跡地は阪急直営のゴルフ練習場やテニスコートとして利用されていたがいずれも撤退し、マンションなどに再開発された。当駅西側で、線路がやや北よりになって猪名川を渡っている。これは、池田駅の高架化と猪名川橋梁のかさ上げが別事業だったことに加え、工法の違いがあったためである。実際、当駅付近が高架化された直後の数年間は線路は直進しており、その先にあった猪名川の旧橋梁(鉄橋、ガーター橋)を渡っていた。島式ホーム1面2線を有する高架駅。宝塚側の上下本線間と下り線南側に引き上げ線が各1本設置されているため、停留所ではない。前者は宝塚発当駅終着の普通が、後者は大阪梅田発当駅終着の普通が到着後に入庫する。翌朝2本とも宝塚行きの始発列車になる。改札・コンコースは2階、ホームは3階にある。駅西側の室町は阪急が沿線開発の一環として私鉄で初めて郊外住宅地の開発を行った地である。住宅の分譲が開始されたのは1910年(明治43年)のことで、当時としては先進的な西洋風の住宅や生活協同組合といった生活スタイルが取り入れられた。阪急の創始者である小林一三も当駅沿線に居を構え、小林に関連する文化施設も立地する。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ