雲雀丘花屋敷駅は、宝塚市雲雀丘一丁目にある、阪急電鉄宝塚本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。











阪急電鉄宝塚本線の雲雀丘花屋敷駅でございます。島式2面4線の地上駅でございます。改札口が四方計4か所にあるのでございます。ホーム間は地下道で連絡しております。日中時間帯は急行と普通が交互に運転される宝塚本線でございますが、普通はこの駅止まりで急行は宝塚までと行先がきっちり分けられております。つまりここから宝塚までは本数が半減する訳ですがな~。急行は宝塚から豊中まで各駅に停車しますのでね、豊中駅からこの雲雀丘花屋敷駅の間にある各駅は停車列車の本数が多いのでございます。極端でございます。駅周辺は古い高級住宅街、つまりお屋敷町でございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    雲雀丘花屋敷駅(ひばりがおかはなやしきえき)は、兵庫県宝塚市雲雀丘一丁目にある、阪急電鉄宝塚本線の駅。所在地は宝塚市だが、敷地の半分以上は川西市側にある。宝塚本線の管理機能の中枢に当たる平井車庫(1972年開設)に近接しており、当駅を始発・終着とする列車が多数設定されている。2015年3月21日現在のダイヤでは大多数の普通が当駅で折り返すため、当駅を起終点とする列車は約半数に上る。ただし日中の普通は、2000年6月から2003年8月のダイヤ改正までは半数が、2003年8月から2006年10月のダイヤ改正までは全てが宝塚まで運転されており、前者は特急の待避、後者は快速急行との緩急接続を当駅で行っていた。2003年に線内完結の特急が廃止されて以来、当駅には全ての定期列車が停車している。1961年、車両の大型化と編成の増結を進めていた京阪神急行電鉄(→阪急電鉄)は、双方の駅間が近く、またホームの延長に難のあった花屋敷駅と雲雀丘駅を統合することとなり、両駅名を合わせた当駅が開業した。ただし統合といっても、当駅は旧花屋敷駅から355メートルの位置にある一方で、旧雲雀丘駅とは互いのホームの端と端との間がわずか4メートルという至近距離にあり、また統合により廃止されるはずの花屋敷駅は開業後も一年間営業を続けるという変則的な形態であった。統合にあたっては、どちらの駅を残しどちらの駅が吸収されるかで国務大臣を巻き込んでの大論争となり、花屋敷側・雲雀丘側双方の自治会長によるジャンケンで勝敗を決したという逸話がある。待避可能な島式2面4線のホームを持つ地上駅。ホームの有効長は10両編成分。改札口は宝塚寄り北側と川西能勢口寄り南北の4か所にあり、このほかに雲雀丘学園の生徒のための専用改札口も設置されている。開業当初のホームは相対式2面2線であったが、平井車庫建設に伴い現在の状態に改良された。内側2線(2号線と3号線)が主本線、外側2線(1号線と4号線)が待避線。後者には、主に当駅を始発・終着とする列車が発着している。当駅で折り返す列車は、平井車庫の車体洗場付近にある引き上げ線へと向かう。特に1号線は当駅止まりの急行・普通のみが進入するが、前記のように2006年10月のダイヤ改正までは普通が速達列車の待ち合わせを行っていたため、宝塚行きの列車も使用しており、乗車位置目標も設置されていた。ラッシュ時間帯の前後において、当駅発着であっても2・3号線を使用する列車がある。駅周辺の宝塚市雲雀丘、川西市花屋敷は大正時代に開発された住宅地が広がる阪神間でも屈指の「お屋敷街」である。西隣の山本駅との間には平井車庫がある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ