朝霞市

スポンサー広告

朝霞市(埼玉県)の「フタw」Part2

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

朝霞市(埼玉県・埼玉西部地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その2です。(撮影or提供/殿様キングスライム様)

–PR–


WikiPedia
Screenshot朝霞市

朝霞市(あさかし)は、日本の埼玉県南部、武蔵野台地の中北端にある人口約13万2千人の市である。東京都特別区部への通勤率は37.1%(平成22年国勢調査)。地形は大きく荒川低地と武蔵野台地に分けられる。その高低差は約40mである。市の北東部の市境付近を荒川が、それよりも多少西側を新河岸川が南東に向かって流れる。中央部の黒目川の流れは初めは北向き、やがて弧を描くように東に向きを変える。南東部の広沢の池(市立図書館に程近い)から発する越戸川が、東部の和光市との市境付近を北に向かって流れている。溝沼にある「滝の根公園」をはじめとして、市内に数箇所の湧水地がある。当市中心部はかつて、膝折村という川越街道の宿場町であった。地名の由来は、ある武士の馬がこの付近で足を骨折したためといわれている。1478年(文明10年)に太田道灌が膝折宿に着陣した所として、「太田道灌書状写」松平文庫所蔵文書に記述がある。朝霞は瑞祥地名で、改名理由は「膝折」という名前自体に縁起が悪いという印象があったため。東武東上線の朝霞駅も元は膝折という名前だったが1932年の町制施行時に改称。当市の収入は安定し、2009年度(2009年4月 – 2010年3月)の地方交付税不交付団体だった。2010年度も、地方交付税不交付団体を維持した。多くの県内市町村が不景気により保護費が増大したり、財政力指数が悪化・交付団体への転落を余儀なくされる中、朝霞市の場合、豊富な地方法人税や陸上自衛隊駐屯地があることが、不交付団体を維持出来た要因とされる。しかし2011年度 、2012年度は、交付団体となった。朝霞駅周辺と川越街道沿いに商業施設があるほか、多くの工場や倉庫・研究所などがある。一部には北朝霞駅 – 西浦和駅間に新駅「東朝霞駅(仮称)」の設置を推進する動きがあるが、設置に際しての費用負担や駅利用者数の確保について見通しが立っていない等の問題を抱え、2010年10月現在、具体的な進捗は見られない。

埼玉県のニュース(Googleニュース)

No items, feed is empty.

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示