河北町

スポンサー広告

河北町(山形県)の「フタw」Part2

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

山形県西村山郡河北町(山形県・村山地方)の「マンホール蓋=街のフタw」その2です。(撮影or提供/特快★小僧様)

中央にベニバナが描かれている
–PR–


WikiPedia
Screenshot河北町

河北町(かほくちょう)は、山形県のほぼ中央部にある人口約2万人の町。かつては最上川舟運の紅花の集散地として栄えた。現在は雛とべに花の里で知られる。また、山形県の中で唯一「町」を「ちょう」と読む。卓球の町として知られ世界チャンピオンを2名輩出している。冷たい肉そばが名物である。もともとは、荘園である「寒河江荘」の一部であり、大江氏の流れを汲む寒河江氏によって領されていた。町内には谷地八幡宮・溝延八幡宮が建てられ、寒河江八幡宮とともに「寒河江荘三八幡」と称された。その後、同じく大江氏の流れを汲む土豪、白鳥氏が領し、居城として「谷地城(現三社宮)」が作られた。そこを中心に今の街割が作られたが、最上義光によって白鳥氏は滅ぼされてしまい、その後、最上氏改易まで最上領となった。最上氏が改易になると谷地城は廃城となり、河北町域は天領、新庄藩領に分割統治された。うち新庄藩は谷地市街北部までを領し、北口番所を置いて、現河北町北部と村山市西部を治めた。かつては、紅花・青苧の集積地、最上川舟運の船着場として栄えた。新庄藩の時代は、谷地は「町方」とされ最上川西岸南部支配の代官所が置かれた。「紅花資料館」となっている旧家の大きさ、町でありながら設置されたアーケード街、中心部の大きさなどといった点に、その残影を見ることが出来る。鉄道については以前、河北町に鉄道を延伸させようとした計画があったが、地主の農家から「所有する田んぼの面積が減る」という理由から猛反対にあって計画が白紙になった為に現在でも町内に鉄道駅は存在しない(かつては奥羽本線神町駅から谷地を結ぶ谷地軌道が1915年から1935年まであった)。その為、鉄道を使うには最寄の寒河江駅かさくらんぼ東根駅を使う方法しかない。

山形県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示