鹿角市

スポンサー広告

鹿角市(秋田県)の「フタw」Part3

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

鹿角市(秋田県・県北地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その3です。(撮影or提供/さまようよろい様)

中心部に市の鳥コエヨシドリ、市の木ナナカマド、外周部に市の花ベニヤマザクラが描かれ、かづのし・おすいと表記されているPart1と外枠が違う蓋
–PR–


WikiPedia
Screenshot鹿角市

鹿角市(かづのし)は、秋田県北東部に位置する市。青森県・岩手県・秋田県三県の県境に位置する。古くは「上津野」と表記していた。古墳も多く遺され、大湯環状列石は全国でも著名な縄文遺跡の1つである。昭和40年代後半では少なかった3町1村の大型合併により発足し面積は県内最大だったが、平成の大合併の際は、合併が相次ぐ県内の市の中で唯一合併を行わなかったため、面積の広さは県内の市町村で8番目になった。市の中部にある花輪盆地に、花輪、十和田の市街地がある。南部は、八幡平や焼山がある山岳地帯となっており、北部は十和田湖付近の分水嶺までの丘陵地を市域とする。八幡平頂上周辺および十和田湖自体は市域に含まれていないが、周辺の景勝地として市民に親しまれている。十和田湖と八幡平は、十和田八幡平国立公園に指定されている。中心となる駅は鹿角花輪駅。花輪線の区間は、盛岡方面は岩手県の好摩駅までであるが、ほとんどの列車がいわて銀河鉄道線に乗り入れ、好摩駅から盛岡駅まで直通運転を行う。大館方面については、かつて大館駅より奥羽本線に乗り入れ、秋田駅まで直通する快速列車が1日1往復設定されていた時期があったが、のちに廃止された。新幹線は、秋田県内にある秋田新幹線の駅はどの駅も鹿角市中心部からは遠く離れた場所に位置し、利便性が低い。そのため、多くの市民は直通の鉄道網や高速バスなどが充実し、市内からの利便性がよい岩手県のいわて沼宮内駅や盛岡駅より東北新幹線を利用する。

秋田県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示