三笠市

スポンサー広告

三笠市(北海道)の「フタw」Part3

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

三笠市(北海道・空知地方)の「マンホール蓋=街のフタw」その3です。(撮影or提供/さまようよろい様)

22201-03

三笠で化石が発見されたエゾミカサリュウとアンモナイトをイメージしたデザインの汚水蓋
–PR–


WikiPedia
Screenshot三笠市

三笠市(みかさし)は、北海道の空知地方南部にある市。炭鉱で栄えていたが、相次ぐ閉山で人口が激減。過疎が進む町となり、2012年10月には人口が1万人を割り込んだ。北海道の石炭と鉄道、『北海盆唄』発祥の地であり、三笠メロン・三笠スイカ・三笠たまねぎや三笠あすか梅の杜(旧三笠梅林邦梅園)の梅、炭鉱史跡群、アンモナイト化石等が有名。地名の由来は、明治時代に存在した空知集治監の建物の裏山が奈良の三笠山に見えることから。空知地方南部に位置する。西以外の三方を山に囲まれた地形。市東部には桂沢湖がある。 エゾミカサリュウやアンモナイトなど、多くの化石を産出する。かつては炭鉱都市として栄え、最盛期には6万人を超える人口を抱えていたが、炭鉱の相次ぐ閉山により人口が激減。その結果、2012年10月には、遂に1万人の大台を割り込んだ。全国の市で、人口が1万人を下回るのは、歌志内市(約4000人)に次いで2例目となった。北海道で最古の坑内堀炭鉱の一つである北炭幌内炭鉱が1989年(平成元年)に閉山したことで、経済が著しく衰退した。 現在は工業、農業が基幹産業。三笠工業団地、三笠第2工業団地が置かれる。かつて幌内線や森林鉄道が通っていたが、現在は廃止されている。最寄り駅は岩見沢駅および峰延駅。

北海道のニュース(Googleニュース)

No items, feed is empty.

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示