南丹市

スポンサー広告

南丹市(京都府)の「フタw」Part5

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

南丹市(京都府・丹波地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その5です。(撮影or提供/はぐれメタルキング様)

–PR–


WikiPedia
Screenshot南丹市

南丹市(なんたんし)は、京都府中部の丹波地方に位置する市である。2006年1月1日に船井郡園部町・八木町・日吉町、北桑田郡美山町が合併して誕生。2007年の木津川市誕生までは、府内で一番新しい市であった。京都府内で新市の誕生は2004年の京丹後市以来となる。なお、南丹は丹波の南が語源で、市内における市役所以外の施設として京都縦貫自動車道の南丹パーキングエリアや八木地区にある公立南丹病院、京都府の機関である南丹保健所や南丹土木事務所がある。しかし、同じく京都府の南丹広域振興局や京都府立南丹高等学校は亀岡市内にある。市域は東西に長く、京都府を南北に区切るような形をしている。日本海に注ぐ由良川と太平洋に流れる桂川と末が異なる川を持つ珍しい市である。京都府下では京都市に次ぐ面積を持つ。美山地区は豪雪地帯である。三国岳959m山麓の由良川源流域は京都大学芦生研究林の広大な自然林が広がる。八木町 (京都府)’ caption=’八木町(やぎちょう)は、2005年12月31日まで京都府の中央部に存在した町である。京都市と隣接する町の中央に大堰川が流れ、そこに広がる平野部を中心に農業などが盛んに行われている。清流の鮎釣りや松茸狩り、大堰川の桜並木など四季折々のレジャーを身近に楽しむことができ、また歴史をたどる文化財も数多く残されていて多くの観光客が訪れる。町では、『ひとが輝く 自然と環境のまち』を目標にして町づくりを進めている。2006年1月1日に周辺4町が合併して南丹市となり、地方公共団体としての八木町は歴史の幕を閉じた。現在は南丹市の行政区の地名として残されている。

京都府のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示