土浦市

スポンサー広告

土浦市(茨城県)の「フタw」Part2

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

土浦市(茨城県・県南地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その2です。(撮影or提供/はぐれメタルキング様)

tcu2

筑波山と霞ヶ浦に浮かぶ風力によって網を引く帆曳船が描かれているカラー蓋
–PR–


WikiPedia
Screenshot土浦市

土浦市(つちうらし)は、茨城県南部に位置する市。業務核都市、国際会議観光都市。茨城県発足から1980年代まで茨城県南地域の行政・経済及び周辺地域の交通の要衝としての役割を担っていた。1918年(大正7年)の筑波鉄道(旧・関東鉄道筑波線、1987年廃止)の開通、東隣の稲敷郡阿見村(現:阿見町)に1929年(昭和4年)に海軍航空隊が設置されたことなどによって交通の要衝となり、料亭や遊郭その他休養施設が多かったこともあって、終戦に至るまで海軍の町でもあった。戦後は、土浦駅西口(市中心部)に小網屋(1999年閉店)、京成百貨店(1989年閉店)、丸井(2003年閉店)などの百貨店が立地し、商業都市としての役割を担っていた。土浦駅前のバスターミナルは地域の中で最も多数のバス発着起点であったが、1970年代からの新治郡・筑波郡・稲敷郡の各一部(現:つくば市)における筑波研究学園都市の開発、1990年代以降のモータリゼーションの発達や規制緩和の影響による郊外型店舗増加により、駅周辺の大型商業施設はペルチ土浦(駅ビル)を残すのみとなるなど、中心市街地の求心力は低下した。しかし、現在も行政機関が集積されているほか、周辺市町村より多く高等学校が立地する。市内では、日本三大花火の一つである土浦全国花火競技大会が毎年10月に開催される。また、レンコンが特産品であることと、海軍に縁があり飛行船「ツェッペリン伯号」が飛来した際にカレーを振舞ったことから、レンコンを入れたカレーで町おこしを行っている。1985年(昭和60年)の国際科学技術博覧会(通称つくば万博)が、新治郡・筑波郡・稲敷郡の各一部(現:つくば市)で開催されたことにより、インフラ整備が進む。

茨城県のニュース(Googleニュース)

No items, feed is empty.

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. さまようよろい

    土浦市公式WEBサイト

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示