金沢駅の在来線ホームでございます。





JR西日本、IRいしかわ鉄道の金沢駅在来線ホームです。北陸新幹線敦賀延長の完成時には並行する北陸本線の石川県内もIRいしかわ鉄道になるんでしょうかね。和倉温泉行の特急が停車していますが、七尾線も盲腸線の如くJRのまま取り残されていますけどね。どうなるんでしょ。なんて考えつつ、北陸本線の各駅停車小松行に乗りますです。

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    IRいしかわ鉄道株式会社(アイアールいしかわてつどう)は、石川県金沢市に本社を置く第三セクター方式の鉄道事業者(第三セクター鉄道)である。2015年(平成27年)3月14日、北陸新幹線の長野駅 – 金沢駅間が延伸開業に伴い、西日本旅客鉄道(JR西日本)から並行在来線として経営分離される北陸本線の石川県内区間にあたる倶利伽羅駅 – 金沢駅間において運営を担う鉄道事業者として、石川県と、沿線市町である金沢市と津幡町、財団法人石川県市町村振興協会のほか、北國銀行、北陸電力、北陸鉄道など民間企業からの出資により、2012年(平成24年)8月28日に「石川県並行在来線株式会社」(準備会社)として設立された。北陸新幹線の敦賀延伸開業時には、福井県境まで経営分離することに沿線自治体は合意しているが、この会社が運営主体となるか、出資比率を変更するかなどについては、協議会を開いて今後詰めていくことになる。境界駅について公式な発表はない。社名については、本格会社への移行とともに、より親しみの持てるものに改称するとされていたが、一般公募(2012年11月30日 – 同年12月30日)を経て、2013年(平成25年)6月27日に「IRいしかわ鉄道株式会社」が新社名に決定、同年8月1日に改称された。応募総数1,375点の中から選ばれたこの社名について、「Ishikawa Railway」の頭文字である「IR」には、県民に親しまれる「愛ある」鉄道を目指すという思いと、アルファベット順で「I」は「J」の一つ前であることから、「JRの一歩先行くサービスを提供したい」という思いが込められている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)