サンダーバードで金沢から新大阪に向かいます。

駅ビル「百番街あんと」にひっそりと置かれている動輪がございました。何故かレール付きで動輪とプレートだけですな。



まだ午前中なんですが、これからますます天候が悪くなるっつう予報なので、切り上げて戻ることに致しました。やまないのでやむなく、寒いダジャレですわ。サンダーバードで新大阪に向かいます。



松本駅みどりの窓口で発券して貰った片道乗車券は、松本~岡山。経由ルートは松本~長野~新幹線経由金沢~北陸線・湖西線経由新大阪~新幹線経由岡山、というシロモノ。途中下車と入場を繰り返してますのですが、この片道乗車券から外れる部分は現金とかICOCAとかで乗車ですから赤い印字が4個のみで済んでいます。

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    サンダーバードは、西日本旅客鉄道(JR西日本)およびIRいしかわ鉄道が大阪駅 – 金沢駅・和倉温泉駅間を東海道本線・湖西線・北陸本線・IRいしかわ鉄道線・七尾線経由で運行する特別急行列車である。1995年4月20日に、485系で運転されていた「雷鳥」の一部列車に、当時新型車両であった681系電車を投入し、この列車を「スーパー雷鳥(サンダーバード)」としたのが「サンダーバード」の始まりである。1997年3月22日のダイヤ改正で「スーパー雷鳥(サンダーバード)」から「サンダーバード」に改称され以来、関西と北陸を最速で結ぶ、JR西日本を代表する看板特急列車となった。これ以降、681系とその後継車である683系電車を使用する列車はすべて「サンダーバード」としていたが、683系の投入により485系で運転されていた「スーパー雷鳥」は「サンダーバード」に統合され、廃止された。その後、683系の増備により「雷鳥」の運転本数は徐々に減少し、2011年3月12日のダイヤ改正ですべての列車が681系または683系の「サンダーバード」として運転されるようになった。2015年3月14日の北陸新幹線長野駅 – 金沢駅間の開業により、新幹線と重複する金沢駅 – 富山駅・魚津駅間は廃止され、金沢駅 – 富山駅間は新幹線「つるぎ」(シャトルタイプ)、それから先の黒部宇奈月温泉駅以東は新幹線「はくたか」(停車タイプ)で代替されている。金沢駅 – 和倉温泉駅間についてJR西日本は「七尾線に乗り入れる特急の存続に前向きな方針を示し」、最終的に1往復がIRいしかわ鉄道を経由して七尾線に継続して乗り入れることになった。そのほかは金沢駅 – 和倉温泉駅間のシャトル列車「能登かがり火」で対応する。また、山陽・九州新幹線沿線から北陸新幹線沿線ならびに「しらさぎ」・「ダイナスター」・「能登かがり火」とともに石川県の南加賀・能登地方から首都圏への重要なアクセスを担っている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)