取手駅は、茨城県取手市中央町にある、JR東日本・関東鉄道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




つくばエクスプレスの開業以後は減少傾向が続いているという取手駅です。常総線の利用者数は永らく取手駅が第一位だったものが、現在ではその座を守谷駅に譲っております。そうなるのも当然っちゃ当然ですわな~。関東鉄道のみならずJR常磐線でもそれは同じでございますね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    取手駅(とりでえき)は、茨城県取手市中央町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・関東鉄道の駅である。1896年(明治29年)に開業、124年の歴史を有する。当駅は取手市の中心駅であり、JR東日本常磐線と、関東鉄道常総線が乗り入れている。かつては、近傍のキリンビール取手工場からの貨物を扱う貨物駅としても機能していたが、現在は廃止されている。常磐線は、上野方面からの常磐快速線・常磐線各駅停車の終着駅であり、当駅以北は中距離列車のみの運転となる。 当駅から大津港駅までが茨城県に属する。常総線は、当駅を起点としている。JR常磐線の駅には、当駅以南(綾瀬駅・上野駅方面)で快速線を走る中距離列車および常磐線快速電車と、緩行線を走る常磐線各駅停車が停車する。ただし常磐線各駅停車はラッシュ時のみの運行となっている。また、当駅以北は電化方式が異なる(詳細は後述)ため、直流電車を使用する常磐線快速電車と常磐線各駅停車は当駅を運転系統の終点としている。したがって当駅は常磐線の複々線区間の終点であり、常磐線内の電車特定区間も当駅までである。当駅以北(土浦駅方面)には交直流電車を使用する特急・中距離電車のみが乗り入れる。合わせて路線を管轄するJR東日本の支社も当駅以北では異なり、上野駅から当駅までは東京支社、藤代駅以北は水戸支社となる。東京支社管轄の駅と電車特定区間の駅は当駅が茨城県内で唯一である。そのため、駅ナンバリングは当駅まで設定され、藤代以北では割り振られていない。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ