新在家駅は、神戸市灘区新在家北町にある、阪神電気鉄道本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




六甲道駅からここ新在家駅まで歩いてきましたが、山手の高級感に比べてやはり阪神電車沿線は下町感が色濃いってのがこの周辺にも見て取れますね。ワタクシなんぞはどっちかってえとこの阪神電車沿線の下町感の方が好みでございます。程度がございますがね、それにも。ともあれ、何故か落ち着くのでございます。やっぱしノラですからねワタクシ。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    新在家駅(しんざいけえき)は、兵庫県神戸市灘区新在家北町一丁目にある、阪神電気鉄道本線の駅。1967年に高架化されるまでは、現在地より南(現在の国道43号付近)に駅があった。跡地は商業施設や駐車場になっている。相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。分岐器や絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。改札口は梅田寄りの1か所のみで1階にあり、ホームは2階にある。駅の北方、約500mの位置に西日本旅客鉄道(JR西日本)六甲道駅がある。阪急電鉄六甲駅へは約1,200mあり、上り坂で徒歩では15 – 20分程度かかる。1929年までは当駅(当時は東明駅)と大石駅の間に(初代)新在家駅が存在した。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。