網干駅は、兵庫県姫路市網干区和久にあるJR西日本山陽本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




JR神戸線、つまり山陽本線ですが、網干行って表示がとても多いのでアナウンスとかで読み方について戸惑う人は比較的少ないですが、他所から来た人には読めないってことでございます。網干駅には北口と南口が存在しますが、どちらかと言えば繁華なのは南口の方なんですかね。今回来ているのは北口の方です。網干総合車両所、つまり車両基地があるので大層大きな構内を持つ駅ですな。ここから西は山陽本線沿線でも様相が一変しますな。ミテクレって部類のハナシでは、ここがギリギリ関西都市圏ってことになっていると言っても過言ではないかも、ですね。

当分の間、リアルタイムではございませんで、過去に訪れた際の写真を基にした記事が続きます。新型コロナ、緊急事態宣言が出されたことに伴い、不要不急の外出を避けるよう要請されている地域が増えましたのでワタクシも一人旅に関しては一時自粛させて頂きます。ライフワークでありますので忸怩たる思いがございますが昨今の状況を踏まえれば仕方ないことでございます。過去に撮り溜めていた画像がまだ多く手元にあるので、暫くはそれを使用して記事の更新は続けて参るつもりです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    網干駅(あぼしえき)は、兵庫県姫路市網干区和久にある西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線の駅である。駅の西に網干総合車両所があり、送り込み回送を兼ねてこの駅を始発・終着とする大阪・京都方面への列車が多く、夜間滞泊を行う列車も多数設定されている。12両編成対応の単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ橋上駅で停車場に分類される。1番線が上り本線、2番線が下り本線、3番線が上下副本線である。この他、3番線の南側にもホームのない待避線が敷設されており、主に姫路駅から回送されてきた入庫列車が使用している。この他、北側のホームには工事用車両のための切り欠き線がある。駅北側の構内は空き地である。当駅止まりの列車の多くは3番のりば(一部は2番のりば)で乗客を降ろした後、網干総合車両所に引上げとなる。当駅始発列車は出庫後1番のりば(一部は3番のりば)に入る。また、3番のりばで直接折り返す列車も存在する。1番のりばが車両の連結作業に対応していないため、朝時間帯は播州赤穂発および上郡発の新快速も3番のりばに停車する。3番のりばから出る下り列車は、車両基地への入庫・回送のみであり、ダイヤが乱れた場合で使用される場合がある。2000年の網干総合車両所開設に伴い、当駅 – 車両所一帯の配線変更が行われ、下り本線が3番線から2番線に変更された。ダイヤが乱れた場合、ごく稀ではあるが、相生方面からの電車が姫路方面まで運転せずに、当駅止となる電車も存在する。当駅が姫路市と揖保郡太子町との境界付近に所在するために、太子町からの利用客も多い。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。