五所川原駅は、青森県五所川原市字大町にある、JR東日本五能線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






五所川原って聞くと三上寛とか吉幾三なんて名前が浮かびますけどね、太宰治はもう少し北の金木っすな。この後で行きますが。立佞武多で有名な地域でございますが、なにぶん鉄道駅巡り最優先のケツカッチン旅ですので、今回はすべからくパスしまくりでございます。それらの本来の観光目的の方々が行かれるような場所は次回以降の時間的余裕のある際に回すことにしておりますって、次回なんぞがあればの話ですけどね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    五所川原駅(ごしょがわらえき)は、青森県五所川原市字大町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線の駅である。陸奥鉄道の終着駅として開業した。開業6年後に国鉄五所川原線が開通、後に能代線と合わさって現在の五能線となる。1927年(昭和2年)には陸奥鉄道が国鉄に買収され、1930年(昭和5年)には津軽鉄道も乗り入れを開始する。津軽鉄道の駅は1956年(昭和31年)に「津軽五所川原」に改称している。島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅舎とホームは跨線橋で連絡している。2番線に並行して留置線があり、当駅発着の臨時列車の留置に使用する。五能線唯一の終日社員配置駅(直営駅)。管理駅として、大間越駅 – 藤崎駅間の各駅を管理している。みどりの窓口(営業時間 7:00 – 18:30)、自動券売機1台、待合室を設置。2015年9月30日まで指定席券売機とびゅうプラザも設置されていた。「みどりの窓口」については「もしもし券売機Kaeruくん」導入時に一度廃止され、その後「Kaeruくん」廃止時に指定席券売機が代替で設置された。指定席券売機で購入できないきっぷに関しては「びゅうプラザ」で取り扱っていたが、「びゅうプラザ」廃止に合わせて、有人の「みどりの窓口」が復活する措置がなされ、営業を再開した。なお、びゅうプラザ廃止と同時に指定席券売機も撤去された。2010年(平成22年)3月にはホーム上と改札口に、発車標が設置された。ただし、改札口の発車標には、「改札中」の表示はされない。駅舎は2013年10月に開催された秋田デスティネーションキャンペーンに向けて、ハイカラな街 五所川原をコンセプトとし、同年8月1日にリニューアルされた。「巨大な立佞武多で有名な津軽半島の玄関口」として、2002年(平成14年)、東北の駅百選に選定された。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。