水無瀬駅は、大阪府三島郡島本町水無瀬一丁目にある、阪急電鉄の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








東海道新幹線が隣接している区間にある三駅の一つ、阪急電鉄京都本線の水無瀬駅でございます。駅の下を含め、高架下部分に商店街が形成されております。阪急の線路の下の方は「島本センター」と称する古い商店街、新幹線の高架下部は「みなせモール」と称する古い商店街、ロータリーの脇にはURの建物の中に「みなせ名店街」と並んで存在しています。大きめのロータリーが新幹線の高架線を越した場所にあるのも他では見ない珍しい光景でございます。

当分の間、リアルタイムではございませんで、過去に訪れた際の写真を基にした記事が続きます。新型コロナ、緊急事態宣言が出されたことに伴い、不要不急の外出を避けるよう要請されている地域が増えましたのでワタクシも一人旅に関しては一時自粛させて頂きます。ライフワークでありますので忸怩たる思いがございますが昨今の状況を踏まえれば仕方ないことでございます。過去に撮り溜めていた画像がまだ多く手元にあるので、暫くはそれを使用して記事の更新は続けて参るつもりなんです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    水無瀬駅(みなせえき)は、大阪府三島郡島本町水無瀬一丁目にある、阪急電鉄京都本線の駅。開業時の駅名は「桜井ノ駅」駅と、末尾に「駅」が付く駅名であった。この「駅」は宿駅(駅家)を指し、当駅はかつての駅家跡で史跡の桜井駅跡の最寄り駅である。桜井駅跡は楠木正成・正行親子が決別した桜井の別れの舞台であり、戦前から戦中にかけては楠木正成を信奉し駅跡を参拝する客で当駅もにぎわった。2008年3月15日に西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線(JR京都線)に島本駅が開業するまでは、島本町唯一の鉄道駅だった。東海道新幹線の高架橋に並行して相対式ホーム2面2線を有する高架駅。改札口は1か所のみで、高架直下の地平にある。改札内コンコースとホームを連絡する階段はホームの河原町寄りに設けられている。東海道新幹線が隣接している為、新幹線が高速で通過するのを間近で見ることが出来る。名水百選(離宮の水)があるほど地下には多くの水があるが、地表に見える水は少ない所から「水無瀬」の字があてられている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。