東武宇都宮駅は、栃木県宇都宮市宮園町にある東武鉄道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。







元々、宇都宮市の市街中心地はJR宇都宮駅ではなく、東武宇都宮駅の周辺なんですね。近年は新幹線や在来線の充実っぷりでJR宇都宮駅の方が宇都宮の顔って感じになってしまいましたですね。東武宇都宮線の方はワンマン運転の所謂ローカル線の大規模な路線的な感じですかね。通勤通学時間帯は頭端式ホームである故、かなり混雑するんですな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    東武宇都宮駅(とうぶうつのみやえき)は、栃木県宇都宮市宮園町にある東武鉄道宇都宮線の駅である。都市計画に基づく市街化が郊外へ進展する過程にあった1931年、市内西原(現・明保野町)へ移転した宇都宮刑務所(黒羽刑務所の前身)の跡地の払い下げを受けて開業した。頭端式ホーム1面2線を有する高架駅。側線が1線あり、この線路が欠番となっている旧1番線であり、深夜の車両留置に使われる。自動改札機設置。改札西側に東武トップツアーズ宇都宮支店があった。出入口はオリオン通りに面した東口とバスターミナルに直結する西口の2か所と、東武宇都宮百貨店3階南側の駅連絡口がある。西口にはエレベーターが設置されている。東口通路部にはコインロッカーが設置されている。当駅は宇都宮の中心市街地・繁華街に位置し、栃木県庁、宇都宮市役所、宇都宮中央郵便局などは、市中心部を避けて設置されたJR宇都宮駅よりも当駅の方が近い。当駅と東武宇都宮百貨店が直結しており、ターミナルデパートになっている。県下最大の繁華街で全天候型アーケード商店街の「オリオン通り」が宇都宮二荒山神社前のバンバ通りから東武宇都宮百貨店(当駅東口)まで続いている。駅東口は旧宇都宮城の大手門から宇都宮二荒山神社および八幡山南麓(旧粉河寺跡)の間に形成された宇都宮の中心市街地の西縁に位置し、県下最大の繁華街となっている。周辺には雑居ビルや飲食店が密集するほか、銀行支店、ホテル、映画館なども立地する。当駅や当駅界隈を地元では「東武」と呼ぶことが多いが、この言葉には同じ場所にある「東武宇都宮百貨店」の意味合いが強く含まれるものである。都市の規模に比べれば小振りの駅ではあるが、地元では東武宇都宮百貨店と一体でランドマーク的に認識されており、付近にある店の支店名は「東武店」、バス停名は「東武駅前」「東武西口」、交差点名は「東武西口」などとされている。中心街に立地する当駅であるが、近距離輸送が主体のため、近・中・長距離全ての機能をもつJR宇都宮駅に利用客数で大きく水を空けられている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。