太田駅は、群馬県太田市東本町にある、東武鉄道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




東武鉄道の伊勢崎線・桐生線・小泉線の3路線が集結する規模の大きな駅でございます。SUBARUの企業城下町であり、群馬県では高崎市、前橋市に続き3番目に人口が多い太田市の代表駅ですな。太田駅に発着する普通列車はすべてワンマン運転、昼間は乗客も少ないんですな。近年特に高速道路が整備されておりますのでね、クルマでの利便性が飛躍的に良くなったので尚更ですが、交通手段としてはどんどん主役の座をクルマに奪われている感がございます。さておき、太田市や大泉町は中南米からの外国人居住者が激増している地域でございます。しばらく駅前の散策をしていましたが、それは如実に感じるのでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    太田駅(おおたえき)は、群馬県太田市東本町にある東武鉄道の駅である。1909年(明治42年)2月17日に東武伊勢崎線が足利町駅(現・足利市駅)から当駅まで延伸したのに伴い、開業したのが始まりである。 開業当日は駅前広場で三横綱を招請して大相撲が行われるなど記念行事が行われ、盛況となった。1910年(明治43年)3月27日には東武伊勢崎線が当駅から新伊勢崎駅まで開通し、中間駅となった。人車軌道を運営していた藪塚石材軌道が太田軽便鉄道に改称して建設を進めていた路線を1913年(大正2年)3月5日に東武鉄道が買収し、同年3月19日に桐生線として当駅から相老駅間が開通した。1927年(昭和2年)10月1日に東武伊勢崎線の館林駅 – 伊勢崎駅間、1928年(昭和3年)3月1日には桐生線の当駅 – 相老駅間と当駅周辺の路線が相次いで電化された。近隣の大光院の一角にあった東武鉄道所有の博物館で中島知久平が設立した飛行機研究所が中島飛行機として急速に拡大して太田が工業都市として発展したため、1941年(昭和16年)4月に 総工費16万円を掛けた2階建て延べ建坪585坪の新駅舎が竣工し、当時東武線随一とも言われた 新駅舎の2階には貴賓室、大衆食堂が配置された。同年6月1日には小泉線が中島飛行機小泉製作所への輸送を目的として当駅から小泉町まで開通するなど整備が進められた。この小泉線の開通により、伊勢崎線・桐生線・小泉線の3路線が乗り入れることになった。中島飛行機がアメリカ軍による空爆の主要な対象の一つとなっており、1945年(昭和20年)4月4日に空襲を受けた。 この空襲では、駅舎などの建物約1,067坪が全焼し、線路約350mに加えて電車線が約250m、送配電線約2,600m、通信線約23,000mが破壊された。その後、バラックの駅舎で仮復旧し、1954年(昭和29年)2月に新駅舎を開設して本格的に復旧した。当駅の南側は水田地帯であったが、「九合地区土地区画整理事業」として整備が進められ、1966年(昭和41年)12月に南口を開設した。高架化される前は、当駅の北側と南側は立体交差する車道と地下歩道のみで接続しており、町が分断される形となっていた。島式ホーム3面6線を有する高架駅。1 – 4番線と7 – 10番線はそれぞれ同じ線路を共有しており、館林寄りを1 – 4番線、伊勢崎寄りを7 – 10番線として区切っている。7・8番線、9・10番線の入り口にもそれぞれ「ご案内カウンター」があり、中間改札を行うこともあった。ただし無人である時間帯もあり、その場合精算などは改札口で行っていた。かつては5・6番線へ通じる階段の手前にも「ご案内カウンター」と称する案内所兼中間改札があった。2004年(平成16年)11月25日の高架駅供用開始に際して自動改札機が設置された。トイレは改札内コンコース奥及び改札外の観光案内所付近に設置されており、いずれも多目的トイレを併設している。当駅東側にある伊勢崎線と小泉線の分岐点から、当駅西側にある伊勢崎線と桐生線の分岐点までは単線並列となっており、西側の分岐点にはシーサスポイントがある。また、双方向に留置線がある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。