犀潟駅は、新潟県上越市大潟区犀潟にある、JR東日本・北越急行の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




何とも味わい深い駅舎と待合室でございますな。信越本線と北越急行の接続駅でございます犀潟駅です。国道8号線に面しており、そちらはビュンビュンと車が走るっていう交通量のとても多い所ですが、列車の方はタマにしか来ませんのでね。どこもかしこもそうですけどね。一抹の寂しさを感じてしまう雨中のジジイでございますよ。駅名看板に書かれた書体がいい味だしてますな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    犀潟駅(さいがたえき)は、新潟県上越市大潟区犀潟にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・北越急行の駅である。JR東日本の信越本線と、北越急行のほくほく線が乗り入れ、接続駅となっている。ほくほく線は当駅が終点であるが、大半の列車が信越本線を経て直江津駅まで直通運転されている。単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを有する地上駅で、両ホームは跨線橋で連絡している。駅管理はJR東日本が行っており、北越急行の駅業務はJR東日本が管理受託している。ジェイアール新潟ビジネスが受託する業務委託駅で、長岡駅が当駅を管理する。1番線北側に面する駅舎は、新潟県内の鉄道駅に現存するものとしては最古の木造駅舎である。有人改札を兼ねるみどりの窓口(営業時間 7:10 – 17:10・途中で営業を休止する時間帯あり)・自動券売機(1台)・自動販売機・キャッシュディスペンサー・トイレなどがある。ただし券売機における、ほくほく線の乗車券の発売範囲は六日町駅までとなっており、同駅以遠の上越線方面への連絡乗車券は窓口のみでの取り扱いとなっている。北陸新幹線が金沢駅に延伸する前まで運行されていた特急「はくたか」は上り列車が3番線、下り列車が1番線を通過し、くびき・土底浜方でほくほく線に転線していた。駅前は大潟区犀潟地区の中心地。国道8号に面している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ