東室蘭駅は、北海道室蘭市にある、JR北海道・JR貨物室蘭本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








赤い部分が目を引きますな~。この部分は「わたれーる」と名付けられた東西連絡自由通路なんですね。貨物駅がある広大な敷地ですから自由通路が出来る前は東西が分断されていたのでさぞかし不自由だったことでしょうね。赤色が不自由解消のシンボリックな表現だったようですw ところで室蘭本線は支線の室蘭駅から札幌方面の千歳線まで電化区間で、この東室蘭から長万部方面は非電化なんですね。H100形気動車DECMOを見ることが出来ました、はい。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    東室蘭駅(ひがしむろらんえき)は、北海道室蘭市にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)室蘭本線の駅である。長万部駅 – 岩見沢駅間を結ぶ室蘭本線の本線・当駅から室蘭駅へ向かう支線の分岐駅となっており、特急「北斗」「すずらん」を含めた全ての旅客列車が停車する。駅西口側には室蘭運輸所がある。室蘭本線は当駅以東の沼ノ端駅までの区間および支線の室蘭駅までの全線が交流電化されているが、当駅より長万部駅方面は非電化となっている。島式ホーム2面4線・下りのみの通過線を有する橋上駅。のりばは2番から5番まであり、東側から番号が振られている。1番線は欠番。2・3番線はホームが短く、主に東室蘭駅で折り返す・優等列車を待避する普通列車が使用し、特急「すずらん」は全てこのホームを使用する。4・5番線はホーム長が長く、主に特急列車が使用する。4番のりばに函館方面の列車が発着し、5番線に札幌方面の列車が発着する。ただし普通列車はこの限りではない。車両がホームから留置線に入る際には、引き上げ線でスイッチバックをする必要がある。終日社員配置駅。みどりの窓口(営業時間:5時20分 – 22時00分)、自動券売機・指定席券売機・話せる券売機・自動改札機(Kitaca非対応)を設置している。改札口は東口・西口を結ぶ自由通路に面しており、改札横に待合室がある。また、駅舎には室蘭市役所蘭東支所(えきがるセンター)やジェイアール北海道レンタリース東室蘭営業所(駅レンタカー)を併設している。駅の東西を結ぶ自由通路は2007年(平成19年)に完成し、名称は公募によって「わたれーる」に決まった。エレベーター・エスカレーターを設置し、通路は幅員8 mとなったほか、休憩スペースを設置した。2008年(平成20年)には北洋銀行「駅ナカBANK」を設置した。室蘭市の商業集積地区であり、大川原脳神経外科病院は東口から徒歩約5分、日本製鉄室蘭製鉄所(本事務所)は東口から車で約7分、室蘭警察署は東口から徒歩約10分、イタンキ浜は東口から車で約10分、室蘭工業大学、北海道大谷室蘭高等学校は西口から車で約10分、製鉄記念室蘭病院、MORUE中島は西口から徒歩約20分に位置している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ