五香駅は、千葉県松戸市金ヶ作にある、新京成電鉄新京成線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






新京成線の五香駅でございます。かつて拙者の元相方の姉の旦那が国家公務員で官舎住まいでこの付近だったので何度か来たことがあるんですが、街並み自体はあまり変わってはおりませんね。訪れていた時期って所謂学校崩壊・学級崩壊なんて言われ始めた時代で、新興住宅地が今で言うヤンキーだらけだった頃ですので、この周辺もご多分に漏れずそんな感じだったですな。今はそんなことはないんでしょうけどね。駅のホームからパチンコ店のキングコングのモニュメントが見えますw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    五香駅(ごこうえき)は、千葉県松戸市金ヶ作にある、新京成電鉄新京成線の駅である。当駅は常盤平団地や牧の原団地の最寄り駅であるが、松戸市と柏市の境界にも近いため、柏市の南端に位置する南逆井・新逆井・南増尾・しいの木台地区にとっても広範囲が最寄り駅に含まれている。明治新政府の手により小金牧(千葉県北西部)において開墾が行われ、開墾地には開墾順序に合わせて地名が付与された。五香は小金牧(小金五牧)の中野牧にあたり、5番目である。この他、初富(鎌ケ谷市)、二和、三咲(以上船橋市)、豊四季(柏市)、六実(松戸市)、七栄(富里市)、八街(八街市)、九美上(香取市)、十倉(富里市)、十余一(白井市)、十余二(柏市)、十余三(成田市・多古町)の順に続く。駅名では、初富駅、二和向台駅、三咲駅(以上新京成電鉄)、豊四季駅、六実駅(以上東武鉄道野田線)、八街駅(東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線)がある。五香地区は六実地区と隣接しており、かつては五香六実と住居表示されていた時期もある。島式ホーム1面2線を有する橋上駅。開業からしばらくは駅西側に車両基地が立地していたが、1975年(昭和50年)にくぬぎ山駅に移転した。東側にもバスの車庫があったが、こちらも紙敷に移転している。東側には京成タクシー松戸東がある。西口は、銀行や書店が入居している駅ビルであり、コンコースとも直結している。バリアフリー施設では、エスカレーターが西口と改札外コンコースの間と改札内コンコースとホームの間を、エレベーターが東口と改札外コンコースの間をそれぞれ連絡しているほか、多機能トイレが改札内コンコースに設置されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ