日進駅は、愛知県日進市栄2丁目にある、名鉄豊田線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






名古屋市営地下鉄鶴舞線と相互直通乗り入れする名鉄豊田線の日進駅でございます。日進駅と言う名前の駅は3つございまして、ここの他に川越線の日進駅、宗谷本線の日進駅がございますですね。その中で一番新しいのがこの日進駅でございます。1979年(昭和54年)の開業でございますですな。拙者、隣の赤池駅前にある名古屋市市電・地下鉄保存館に行きたかったんですが、現在は予約のみの対応ってことでヤンペしてついでに立ち寄ったのがこの日進駅でございます。この辺りは名古屋のベッドタウンそのものでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    日進駅(にっしんえき)は、愛知県日進市栄2丁目にある、名鉄豊田線の鉄道駅である。計画時の仮称は折戸駅であった。相対式2面2線ホームの高架駅である。豊田線の途中駅では浄水駅と共に数少ない終日駅員配置駅となっている。日進市は名古屋市のベッドタウンであることから、朝のラッシュ時には都心方面へ向かう乗客によって混雑する。名古屋市内へ向かう際に同駅を利用すると西隣の赤池駅において豊田線と地下鉄鶴舞線をまたぐことで運賃が割高となり、また赤池駅を境に運行本数の格差もあるため、市内南西部に住む人の多くは同駅よりも赤池駅を利用する傾向がある。しかし2000年代に入り、駅周辺のマンション開発が急激に進んだことから利用客は増加傾向にある。日進市南部に位置する交通ターミナルであり、駅周辺は、商業地域と中低層住宅地域が混在している。駅の西には愛知県道57号瀬戸大府東海線が走る。県道を南へ進むと、すぐに東郷町となる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ