雑餉隈駅は、福岡市博多区麦野四丁目にある、西鉄天神大牟田線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




西鉄天神大牟田線の雑餉隈駅でございます。読めません。難読駅の一つでございます。現在連続立体交差事業で高架化工事の真っ最中でございます。銀天町商店街に直結している駅出入口の踏切も見納めでございますですな。郊外の住宅地にある賑やかな商店街のある駅って感じだったのがかなりの変貌を遂げそうですな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    雑餉隈駅(ざっしょのくまえき)は、福岡市博多区麦野四丁目にある西日本鉄道(西鉄)天神大牟田線の駅である。同市の最南端にある駅でもあり、西鉄で唯一博多区に所在する駅である。駅名は周辺の旧地名の雑餉隈に由来し、隣の大野城市にはこの地名がある。当駅は、1924年(大正13年)に雑餉隈駅として開業したことに端を発するが、当駅の開業前から省線(国鉄)鹿児島本線にも雑餉隈駅(現:南福岡駅)が存在していた。両駅の間は800 mほど離れており、差別化を図るため、1939年(昭和14年)に当駅は九鉄雑餉隈駅に改称した。その後、1942年(昭和17年)に九州鉄道が九州電気軌道に吸収合併され、西日本鉄道と社名を変更した際に西鉄雑餉隈駅に改称した。そして、1966年(昭和41年)に国鉄鹿児島本線の雑餉隈駅が南福岡駅に改称したことを受け、1971年(昭和46年)に開業時の駅名である雑餉隈駅に改称した。結果として、当駅は現在の駅名に至るまで3度の駅名改称を実施することになった。相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。駅舎は橋上式だったが高架工事の進捗に伴い、2018年1月27日より上下線それぞれのホームの大牟田側に独立した仮駅舎での営業となっている。改札内での上下ホーム同士の往来はできない。 ホームが緩やかにカーブしている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ