泊駅は、富山県下新川郡朝日町にある、あいの風とやま鉄道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。










あいの風とやま鉄道線の泊駅でございます。えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの全列車が乗り入れて参ります。2面3線のいわゆる国鉄型配線の駅でございます。両社の列車は極一部の例外を除き、ここで折り返しを致しますので、縦列停車することで乗り換えの便を図っておりますですな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    泊駅(とまりえき)は、富山県下新川郡朝日町にある、あいの風とやま鉄道線の駅である。路線上はあいの風とやま鉄道線の途中駅であるが、市振駅以東のえちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの全列車が当駅に発着し、運転系統上では両社の境界駅と位置づけられている。単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線を有する地上駅である。駅舎は単式ホーム側(1番線)にあり、ホーム間の移動のために跨線橋がある。JR西日本時代は富山地域鉄道部管理の直営駅で、みどりの窓口・自動券売機設置駅であった。あいの風とやま鉄道への経営移管後も同社の直営駅として運営されており、みどりの窓口も引き続き設置されている。駅構内には自動券売機、待合室及び便所があり、Wi-Fiの利用が可能である。また、富山県内のあいの風とやま鉄道線内に限りICOCAおよび相互利用の交通系ICカードが利用できるため、JR西日本と同仕様のICOCAチャージ機がありクイックチャージも対応している。2015年(平成27年)3月14日の北陸新幹線開業に伴う北陸本線の経営分離に際し、富山県内区間を運行するあいの風とやま鉄道と、新潟県内区間を運行するえちごトキめき鉄道との運賃計算上の境界駅を市振駅としたが、運転系統上は当駅を境界とし、糸魚川駅まで直通するあいの風とやま鉄道の列車2往復を除き、双方とも当駅で折り返す(えちごトキめき鉄道側は全列車が当駅まで片乗り入れする)。双方の折り返し列車が2番線で縦列停車することで、同一平面上での接続を図っている。JR時代の当駅には特急が一部停車し、「おはようエクスプレス」は当駅が始発であった。駅前には商店街、住宅街が広がる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ