伊予大洲駅前にある、おはなはんのレリーフでございますな。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




伊予大洲駅前に1966年4月から放映されたNHK連続テレビ小説「おはなはん」の記念レリーフと碑がございました。放映されていたのは拙者が小学生の頃ですね。見た記憶があるんですよ。朝食食べている時間帯ですからね。どんなストーリーだっかとか何処が舞台かなんたのは忘却の彼方だったんですが、ここ大洲市が舞台だったんですね~、とこれを見て思い出した次第でございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    『おはなはん』は、NHK連続テレビ小説の第6作である。1966年4月4日から翌1967年4月1日にかけて1年間放送された。明治中期の愛媛県大洲市出身の茶目で明るい主人公・はなは、軍人とお見合いで結婚し子供も授かったが夫は病で他界してしまう。女手一つで子供たちを育てながら、幾多の困難を乗り越えて成長していく姿を描いた。モデルは原作者の母・林ハナ(旧姓:深尾、1882年4月13日 – 1981年6月12日)である。連続テレビ小説で実在人物を主人公のモデルとして描いたのは本作が初めてであり、明治時代以前を描いた作品としても同様である。主人公はな役は当初、森光子に内定していたが、撮影開始直前の1965年11月に急病(乳腺炎)により降板し、急遽白羽の矢が立ったのが樫山文枝であった。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ