成田湯川駅は、千葉県成田市松崎にある、京成電鉄成田空港線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








京成電鉄成田スカイアクセス線こと成田空港線の成田湯川駅でございます。運行ダイヤ上、アクセス特急のみが停車する駅でございます。相対式2面2線と中間に線の通過線がございます。この駅の先から空港第2ビル駅手前までは単線区間でございます。2010年の成田スカイアクセス線開業に伴い新しく出来た駅で、高架駅でございます。 

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    成田湯川駅(なりたゆかわえき)は、千葉県成田市松崎(まんざき)にある、京成電鉄成田空港線(成田スカイアクセス線)の駅である。京成成田空港線唯一の単独駅であり、成田市西部の成田ニュータウン北端に位置する。付近はかつて千葉交通成田営業所湯川車庫があった。特急料金不要の「アクセス特急」の各駅停車区間にあり、同列車のみ停車する。かつては上下とも22時台が最終であったが、2017年10月改正より上りのみ23時台に繰り下げられた。2012年8月1日から31日までの期間中、早朝・深夜に臨時列車が運行された。東側を東日本旅客鉄道(JR東日本)成田線(我孫子支線)が通るがそちらには駅がなく、北西へ約1.5キロメートル(km)のところにある下総松崎駅が最も近い。当駅入場の際は、交通系ICカードの残額が462円(2019年10月現在)以上ないと入場できない(当駅対応の定期券を除く)。PASMOエリアでは最も高額のチャージが必要な駅である。2010年(平成22年)7月17日 – 京成成田空港線開通に伴い開業。計画時の仮称は「成田ニュータウン北駅」だった。駅名の公募は成田市内在住・在勤・在学者を対象に行われた。この結果、地元で馴染みのある「湯川」に加え、知名度の高い「成田」を冠することで、所在地がイメージしやすく、また地元から親しまれる駅名ということで決定した。相対式ホーム2面2線と、その中間に通過線2線の計2面4線を有する高架駅である。空港第2ビル駅が管理する駅。駅構内にはエスカレーター6基とエレベーター3基が設置されている。駅の空港第2ビル寄りで単線になり、合流部分には「スカイライナー」の高速通過に対応できるように、日本最大級の38番分岐器が使用されている。また、印旛日本医大寄りには片渡り線が設置されており、「成田湯川」の行き先表示が可能な車両もあるが、定期の当駅始終着列車は設定されていない。駅周辺には国道464号(北千葉道路・松崎ランプ)、千葉県道18号成田安食線が走り、駅付近から北方にかけては松崎地区、南方は成田ニュータウンが広がる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ