下総松崎駅は、千葉県成田市大竹にある、JR東日本成田線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






成田線我孫子支線の下総松崎駅でございます。難読の部類ですな。松崎をマツザキと読まなければマツザキシゲル氏が怒りますですぜ(←かんけーねえだろジジイw)。木造平屋建ての古い駅舎が残っております。相対式2面2線の交換可能駅でございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    下総松崎駅(しもうさまんざきえき)は、千葉県成田市大竹にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)成田線(我孫子支線)の駅である。相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。駅舎は木造平屋である。トイレは男女別の水洗式で、1番線ホーム上に設置されている。かつては男女共用の汲み取り式であった。成田駅管理のJR東日本ステーションサービスが駅業務を受託する業務委託駅で、駅員は昼間(9:30 – 16:30)のみ配置される。窓口、自動券売機、乗車駅証明書発行機、簡易Suica改札機が設置されているが、自動改札機は未設置である。マルス端末はなく、Suica定期券の購入(継続購入を含む)やクレジットカードによる乗車券の購入はできない。ホームは10両編成までに対応する。なお、最大で12両編成の列車が停車可能であるが、臨時列車を含め11両以上の編成が乗り入れる機会はほぼ皆無であり、停止位置目標も10両までしか設置されていない。多くの列車が当駅で上り・下り列車の行き違い待ちをする。1番線の方面表示には「佐倉・佐原」、2番線の方面表示には「土浦・水戸」なども表示されている。駅前には公衆電話、駅周辺案内板、郵便ポスト(敷地外)が設置され、簡易的な喫煙所と水道が駅舎入口に設けられている。また、数台の乗用車が駐車できるスペースが確保されており、成田市管理の駐輪場(無料)も整備されている。JR東日本が主催する駅からハイキングでは、当駅から千葉県立房総のむら・龍角寺(竜角寺)を通って安食駅へ至るルートが設定されている。駅の西側には北印旛沼が広がる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ