大佐倉駅は、千葉県佐倉市大佐倉にある、京成電鉄本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








京成電鉄京成本線の大佐倉駅でございます。相対式2面2線でホーム間は構内踏切での連絡でございます。基幹駅の京成佐倉駅の隣なんですが、地形のせいで何ともプチ秘境感のある雰囲気を醸しているので京成佐倉駅との落差が凄いですな。京成線の駅では最も乗降人員が少ない駅なのだそうです。快速特急は通過しますが、特急・通勤特急・快速・普通が停車いたします。尤もこれらは京成佐倉駅から先は各駅に停車する種別でございますが。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    大佐倉駅(おおさくらえき)は、千葉県佐倉市大佐倉にある、京成電鉄本線の駅である。地名は「おおざくら」であるのに対し、駅名は「おおさくらえき」である。相対式ホーム2面2線を有する地上駅(京成佐倉駅管理)。2番線(成田空港方面)ホーム側に駅舎(事務室)があり、自動券売機、自動改札機がある。22時以降は駅員不在となるため、インターホン装置が設置されている。1番線(京成上野方面)ホームへ向かうには改札内で構内踏切を渡る。2番線ホームには水洗式トイレがある。また、構内踏切に隣接して公道の踏切がある。2000年代初めまで設置されていなかった自動改札機は、パスネット導入前に設置されたものである。駅名標は長らく国鉄式に準じたものであったが、2017年になってから最新デザイン(4か国語対応)に更新し、全てのサインが現行タイプとなっている。京成線の駅では最も乗降人員が少ない。駅周辺は台地となっており森林が広がる。この地は15世紀に千葉氏後期の城(本佐倉城)が築かれた所で社寺も多い。駅北側(駅出入口側)には個人商店や住宅が点在し、印旛沼中央排水路周辺は干拓地が広がっている。駅南側には佐倉市営駐輪場(約100台)があり、2010年代以降小規模な造成が行われた。駅の南東、約300mの所に印旛郡酒々井町との境界線があり、国道296号が通る。駅周辺は将門町・大佐倉、南東側の窪地には酒々井町本佐倉(根古谷)がある。地形や道路事情、隣駅まで約2km圏内であることなどから駅勢圏は狭い。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ