ユーカリが丘線は、千葉県佐倉市にある、山万が運営する新交通システム。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




山万ユーカリが丘線のユーカリが丘駅でございます。単式1面1線の高架駅でございます。路線は単線でラケット状になっていて、ユーカリが丘駅から公園駅、その先は反時計回りの環状に進行して再度公園駅からユーカリが丘駅に戻る、一周14分の路線でございます。いわゆる新交通システムAGTの路線でございますが、その昔に試験的に運行されていた京成谷津遊園にあったVONAと呼ばれる中央案内式のもので、日本唯一のものでございます。若かりし頃にワタクシはその谷津遊園で乗ったことがございます。実際にこの方式が採用されて開業したのはこの路線に留まりましたですな。車両はコアラ○号、とユーカリが丘の象徴コアラで表されています。これは山万が地区内で運行しているバスの車両も同じくコアラ○号、で統一されておりますですな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    ユーカリが丘(ユーカリがおか)は、千葉県佐倉市にあるニュータウン。ユーカリが丘1-7丁目・南ユーカリが丘・西ユーカリが丘1-7丁目・宮ノ台1-6丁目などを中心とする地域である。不動産会社の山万が事業主体となって約245ヘクタールを開発し、1980年に住民の入居が始まった。2018年3月末時点で住宅7600戸に1万8000人程度が暮らしており、最終的には8400戸、人口3万人を計画している。山万はバブル経済期でも分譲戸数を年200~300に保つことでエリア内人口が一気に高齢化することを避け、空き地に保育所や公園を整備したり、中古住宅を買い取って移住希望者に販売したりしている。こうした成長管理型の街づくりはグッドデザイン賞、建設大臣賞、国際交通安全学会賞、日本都市計画学会賞計画設計賞など数々の賞を受賞している。同社は公共交通機関として山万ユーカリが丘線を自ら整備・運営してニュータウン内を結び、ユーカリが丘駅を京成本線との乗換駅として東京都区部や千葉市などとの通勤・通学の便を図っている。東京都心から約38キロメートル[1]、成田国際空港から約25キロメートルの距離に位置するベッドタウンとして機能しており、東京駅までの鉄道所要時間は47分。成田空港駅までの鉄道所要時間は30分。都市機能のハード面とソフト面の両方を山万が整備している。ユーカリが丘は、通常のニュータウン開発手法である「分譲撤退型」ではなく、長期的な街づくりを前提とした「成長管理型」の開発が行われており、「自然と都市機能の調和」「少子高齢化」「安心・安全」「文化の発信」「高度情報通信化」の5つのキーワードに沿った、一貫した開発が行われている。キャッチコピーは「未来の見える街」。名称は開発元の山万が「殺菌作用や空気の清浄作用があり、環境にやさしい」というユーカリを自然環境と調和する都市の象徴として名付けたもの。これにちなんで駅前ロータリー、公園などタウン内には約20本のユーカリの木が植えてある。ニュータウン内には山万がVONAを用いて運行する新交通システム(AGT)山万ユーカリが丘線が走っており、京成電鉄ユーカリが丘駅に接続している。ユーカリが丘駅前のユーカリが丘4丁目は、超高層住宅・商業施設・放送局・総合子育て支援センターの入る複合開発「スカイプラザ・ユーカリが丘」や、ウィシュトンホテル・ユーカリ、シネマコンプレックスを擁したショッピングセンター(YOU!PLA)等の超高層住宅・商業立体開発エリアとして整備されている。ユーカリが丘4丁目の大部分は、佐倉市唯一の高度利用地区として設定されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ