堂島駅は、福島県会津若松市河東町郡山にある、JR東日本磐越西線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






磐越西線の堂島駅でございます。単式1面1線の棒線駅で、駅舎のない無人駅でございます。普通列車も一日上下5往復の気動車列車を除き、通過してしまう駅でございます。電化区間にも関わらず、原則的には電車は通過して気動車のみ停車するという変わった運用になっているんですね。面白いことに、両隣の駅よりも二駅先の広田駅の方が近い位置にございます。磐越西線が会津若松駅でスイッチバックしてVの字になっているからでございます。これも面白いですな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    堂島駅(どうじまえき)は、福島県会津若松市河東町郡山字京丁前乙(きょうていまえおつ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線の駅である。朝夕の一部と日中の1本を除き普通列車も通過し、利用できる列車は上下5往復の気動車列車のみである。ただし、日橋川「川の祭典」花火大会開催時に運転される臨時列車は電車で運転され、当駅に停車する。1934年(昭和9年)に、気動車が会津地方に投入されて短区間で運転されるようになり、これに伴ってバスへの対抗を兼ねて駅を増設することになり、設置された駅である。この関係で長距離を運行する列車は通過し、区間運転の列車のみが停車する駅である。同様の駅は、戦時中の石油消費規制により気動車が一度廃止された際に一緒に廃止になったり、存続したものでも戦後の運行形態の変化により全列車が停車する通常の駅に変化したりしたが、会津若松-喜多方間には当初の運行形態のまま、一部の列車のみが停車する駅が残存している。単式ホーム1面1線を有する地上駅。駅舎、トイレの設置はないが、ホーム上に待合室が設けられている。会津若松駅管理の無人駅。駅周辺は田園地帯となっている。また、両隣の会津若松駅や笈川駅よりも2駅郡山寄りの広田駅の方が約2kmと近い。これは郡山駅より伸びる磐越西線が広田駅から南に下がり、会津若松駅でスイッチバックして北上するため並行するような形となっているためである。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ