大阪難波駅で、近鉄の名阪特急アーバンライナーplusを眺めております。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








近鉄と阪神の大阪難波駅でございます。尼崎方面へのホームで、阪神なんば線に直通する列車を待っております。つくづく思うんですが、2面3線でよくこれだけの本数の列車が捌けるもんだな~と。向い側には名阪特急アーバンライナーplusが発車時刻を待っております。ひのとりの増備が進んで名阪特急の主役の座は明け渡しましたが、今後はどういう運用になって行くのかな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    大阪難波駅(おおさかなんばえき) は、大阪府大阪市中央区難波四丁目に所在する、近畿日本鉄道(近鉄)・阪神電気鉄道(阪神)の駅である。近鉄と阪神の共同使用駅であり、近鉄が管轄している。近鉄は難波線の起点であり、奈良線の列車は全て難波線に直通するため奈良線における大阪側のターミナルとなっている。奈良線方面に直通する列車は特急から普通まで全ての種別が発着するが、大阪線方面に直通する列車は名古屋・伊勢志摩方面に向かう一部の特急のみとなっており、特急以外の列車は当駅には入線せず、2駅隣の大阪上本町駅地上ホームから発着している。これにより、当駅から特急以外で大阪線方面へ行くためには、大阪上本町駅 – 布施駅間のいずれかの駅での乗り換えが必要である。1994年から2003年の間は、夜間を除き大阪線の阪伊特急も全て上本町駅地上ホームから発着していたが、2003年3月6日のダイヤ改正より阪伊特急賢島行き列車の始発駅が難波線を介して一部当駅へと変更され、2004年のダイヤではさらに増発されて現在に至る。2009年3月20日、西九条駅から当駅まで阪神西大阪線が延伸開業されるとともに路線名を阪神なんば線に改称し、近鉄奈良線(難波線)と直通運転を開始した。当駅を介して神戸三宮駅 – 近鉄奈良駅間を快速急行が70分台で結んでいる。なお、阪神なんば線の開業後も当駅は近鉄の管轄駅となっている。「大阪難波駅」に駅名改称する前も、近鉄特急においては当駅行きの列車に関しては(名古屋など遠方の駅では)当駅が大阪側のターミナル駅であることを強調するため、「大阪・難波行き」と案内することがあった。これは同じく特急の始発・終着駅である「大阪上本町駅(旧・上本町駅)」でも同様「大阪・上本町行き」であった。上記のような慣例的な呼び名が広く定着していることや、阪神電鉄との共同使用駅となることから、直通運転開始に合わせて駅名を「近鉄難波駅」から「大阪難波駅」と改称された。なお、ホームに電車が到着した時などに自動放送される駅名は「大阪難波、難波です」となっている。阪神では大阪梅田駅と共に大阪側のターミナルと位置づけているが、大阪梅田駅は旧梅田駅時代から放送上と駅構内案内看板と共に「大阪 梅田」と案内しているのに対し、当駅は放送上は正式駅名の「大阪難波」で、当駅以外の阪神の駅構内案内看板では『難波方面』と表記されている。2004年まで存在したプロ野球球団の大阪近鉄バファローズの、1997年から最後の年となった2004年までの本拠地大阪ドーム(現:京セラドーム大阪)には、近鉄の管轄する駅の中では最も近い駅だった。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ