比地大駅は、香川県三豊市豊中町比地大にある、JR四国予讃線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








予讃線の比地大駅でございます。単式1面1線の棒線駅で、無人駅でございます。駅舎は無く、ホームへはスロープで直接出入りする形になっております。ホーム上に待合所が設置されております。小規模な駅前ロータリーがございます。その脇に私営の鉄道博物館Kトレインワールドなるものがございまして、拙者は興味深かったのでございますが、折から天候がよろしくなく訪問は諦めております。なので詳細は不明でございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    比地大駅(ひじだいえき)は、香川県三豊市豊中町比地大にある四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅。1957年(昭和32年)に上高瀬駅(現・高瀬駅)と、本山駅の間に「気動車用旅客駅」として新設された。開業当時のホームの有効長は50m。当時は3往復しかなく、通勤通学には不便なダイヤだった。その後、客車列車も停車できるだけの有効長を確保するため、近隣住民が奉仕により盛土し、ホームを延伸した逸話がある。単式ホーム1面1線を有する地上駅。無人駅である。駅構内にトイレはないが、駅前ロータリーに市営のトイレがある。待合室内にオレンジカード未対応の自動券売機、自動販売機が設置されている。また線路を跨いで駅北東側に、市営の二輪車置場がある。三野町吉津・詫間町へ通じる県道や、七宝山トンネルを通って仁尾町に抜ける県道ができ、交通の要所になりつつある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ