伊予白滝駅は、愛媛県大洲市白滝にある、JR四国予讃線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






予讃線の伊予白滝駅でございます。愛ある伊予灘線の愛称区間に含まれております。相対式2面2線、列車交換可能な地上駅、無人駅でございます。駅舎は古い木造平屋建てのものをリニューアルして使用されております。ホーム間はホーム末端にある遮断機等のない構内踏切で連絡しております。付近にある白滝公園は、るり姫祭りで知られる、紅葉の名所なのだそうでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    伊予白滝駅(いよしらたきえき)は、愛媛県大洲市白滝にある四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅である。「愛ある伊予灘線」の愛称区間に含まれている。「るり姫祭り」や紅葉で知られる白滝の最寄り駅である。また、例年11月23日(勤労感謝の日)に「るり姫祭り」の行われる白滝公園の最寄り駅でもある。国鉄時代、わたしの旅スタンプ設置駅であった。相対式ホーム2面2線を持ち列車同士の行き違いが可能な地上駅である。駅舎は木造平屋で古くからの、小柄なものであるがきれいにリニューアルされている。無人駅であり駅員は常駐しておらず自動券売機等の設置もない。ただし、11月23日の「るり姫祭り」の際には乗降客が多いことから、職員が臨時に派遣される。駅舎横の駐車場には小さな池があり、金魚が泳いでいる。2番乗り場には待合所が2つある。駅附近には肱川が流れそこに田淵川や滝川が注いでいるが特に滝川には白滝と呼ばれる何段にもなっている滝があり、これが当駅の名前の由来となった。駅から数分歩いたところの肱川には白滝大橋という橋が架かり対岸とこちらの岸を結んでいる。当駅の周辺は肱川の作った平地にあたり比較的人家が多く駅前は商店街である(ただし商店数は多くない)。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ