豊中駅は、大阪府豊中市本町一丁目にある、阪急電鉄宝塚本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。












阪急電鉄宝塚本線の豊中駅でございます。島式1面2線の高架駅でございます。ホームの幅が広いのが特長的でございますですな。ホームは3階、2階に改札とコンコースがございます。1階はバスターミナル、タクシー乗り場が整備されております。普通と共にメインで運行されている急行は十三を出るとこの豊中駅まで無停車、ここからは全駅に停車するのでございます。豊中を名乗る大きな駅でございますが、行政の中心は隣の岡町駅周辺、そして現在は豊中市内で乗降客数が一番多いのは御堂筋線の直通する北大阪急行と大阪モノレールの千里中央駅となっております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    豊中駅(とよなかえき)は、大阪府豊中市本町一丁目にある、阪急電鉄宝塚本線の駅。急行は当駅から宝塚・箕面方面の各駅に停車する。特急「日生エクスプレス」以外の全種別が停車する。島式ホーム1面2線を有する高架駅。宝塚側に引き上げ線があり、さらに大阪側に留置線が2本あるため、停留所ではない。ホーム自体がカーブを描いており、多少傾斜もある。ホーム有効長は10両編成対応。地上駅時代は8両編成分であり、朝夕ラッシュ時の急行は通過し準急・普通のみ停車していた。改札口・コンコースは2階、ホームは3階にある。改札口は北改札と南改札の2か所。連続立体交差事業のため、岡町駅や曽根駅と同様に配線は地上駅時代の相対式ホームから島式ホームに変わった以外は基本的な配線を変えていない。立体交差時に、駅自体を西側に移動させることにより、曲線半径は相当緩和された。当駅始発の上り普通が平日朝ラッシュ時に4本、土休日早朝に1本設定され、当駅始発電車用の乗車位置目標が、通常のものより宝塚方にずらして設置されている。また朝ラッシュ時に3本のみ当駅終着の下り普通列車が設定されている(2018年ダイヤ改正以前は当駅終着の列車は数本多く存在していた)。立体交差事業工事中、引き上げ線が撤去されていた時期は、当駅終着の列車は石橋阪大前駅の4号線まで回送され、折り返し当駅まで回送・当駅始発の大阪梅田行きになるという運行形態であった。平つくね作の漫画『ラッキー・ブレイク』の主人公・野々川陸が通勤の際に利用する駅として、当駅が扱われている。阪急宝塚線沿線を舞台とした逢坂みえこの漫画『永遠の野原』では主人公の古屋二太郎が利用する駅とされている。そのため地上駅時代の当駅および周辺の様子がしばしば描かれている。2018年現在、豊中市で乗降客数が1番多い駅は当駅ではなく千里中央駅である。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ