八丁堀駅は、東京都中央区八丁堀にある、東京メトロ・JR東日本の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






京葉線の八丁堀駅でございます。島式1面2線の地下駅となっております。鍛冶橋通りと新大橋通りの交差点、八丁堀交差点にあり、京葉線の八丁堀駅は鍛冶橋通りの直下にございます。新大橋通の直下にある東京メトロの日比谷線と直交しており、接続駅となっております。特急列車を除く全列車が停車いたします。駅周辺はオフィス街でございますが、裏通りや旧京華小学校近くには割と下町感のある地域も残っております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アバター画像
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    八丁堀駅(はっちょうぼりえき)は、東京都中央区八丁堀にある、東京地下鉄(東京メトロ)・東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。東京メトロの日比谷線と、JR東日本の京葉線の2社2路線が乗り入れ、接続駅となっている。JR東日本の駅には、京葉線の列車(特急以外のすべての種別) のほか、西船橋駅から武蔵野線に乗り入れる列車も停車する。また、特定都区市内制度における「東京都区内」に属している。東京メトロは島式ホーム1面2線を有する地下駅で、新大橋通りの真下に位置する。以前は天井が高く空間が広かったが、改装により天井が低くなった。かつては改装前の仲御徒町駅と同様に駅構内の照明が少なく、薄暗かった。茅場町寄りにY字型の引き上げ線があり、夜間留置で使用される。留置される車両は平日・土休日共に中目黒から夜に回送され、翌朝の始発の中目黒行きで出庫する。この引き上げ線は日比谷線の計画当初、東急東横線方面からの輸送需要が多いと予想され、中目黒駅から都心部を超えた当駅で多数の列車が折り返すことを想定したものである。しかし、実際には予想は大きく外れ、東武伊勢崎線方面からの輸送需要が圧倒的に多く、本来の中目黒方面からの折り返しには使用されなかった。JR東日本は島式ホーム1面2線を有する地下駅で、鍛冶橋通りの真下に位置する。ホームは日比谷線よりも深い位置にある。日比谷線の中目黒側と、京葉線の東京側で両路線のホームが交差している。改札とホームを連絡するエスカレーターとエレベーターが設置されている。JR東日本ステーションサービスが駅業務を受託している東京駅管理の業務委託駅。かつてはマルス端末の設備を持つみどりの窓口が設置されていたが、指定席券売機設置に伴い、営業を終了した。現在、特急列車を除く全ての定期営業列車(通勤快速・快速・各駅停車)が停車する。開業当初は土曜・休日ダイヤにおいて快速(「マリンドリーム」「むさしのドリーム」)は当駅を通過していたが、2002年12月1日から平日ダイヤと同様に停車するようになった。発車メロディは両隣の東京駅や越中島駅と同じく、東洋メディアリンクス制作の「Verde Rayo V2」を両番線とも使用している。駅周辺はオフィス街の一面を有し、夜間は閑散とする。最も東側にあるB4出入口は亀島川に面している。東京マツダやキリンビールマーケティング東京支社(キリンビール本社は中野区中野に移転)、ユニデンホールディングス、丸善石油化学、三井食品、いちよし証券、日之出出版、やる気スイッチグループ(個別指導塾・学習塾「スクールIE」などの運営)の本社や、かつての京華小学校・幼稚園の建物を利用した複合施設、中央区立「京華スクエア」が近くにある。連絡運輸は扱っていないが、京橋駅(東京メトロ銀座線)と宝町駅(都営浅草線)へは鍛冶橋通り経由で数分の距離にある。八丁堀という歴史的な地名であるが、ビルや法人が拠点を置いている名称は、八重洲・京橋・銀座・東京・兜町などの名前が使われており、「八丁堀」が使われることは少ない。最近になってパークシティ中央湊ザ・タワーなど超高層タワーマンションの建設など町の再開発が盛んになり、益々の発展が期待されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ