伊予西条駅は、愛媛県西条市大町にある、JR四国予讃線の駅。







駅前にうちぬきと呼ばれる湧き水があるってことでしたけど、今はこれらに代わっているようですな。市街地からは離れているってことで駅周辺は閑散としておりますね。ここらで食事しようと考えていましたが、そのような店舗が生憎ございませんので、結局の薬局、構内のコンビニしか選択肢がなかったですな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    伊予西条駅(いよさいじょうえき)は、愛媛県西条市大町に設置されている、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅である。西条市の代表駅であると共に、普通列車の大部分の運転系統が当駅で分断される他、当駅を始終着とする特急が設定されているなど、運転上の拠点駅にもなっている。また、夜間帯は早朝・深夜に発着する列車が駅構内に留置されるほか、駅舎にある乗務員宿泊施設にはこれらの列車を担当する乗務員が宿泊している。駅全体を見ると、電留線や乗務員宿泊施設などもあり相応の規模をもつが、みどりの窓口や待合所など旅客施設は、駅の規模から比較すると比較的こぢんまりとした印象となっている。また、発車標は長年に渡り改札中の列車種別を示す行灯式のものが設置されているのみだったが、2017年に実施されたバリアフリー化工事で、新しく跨線橋が設けられ、フルカラーLED方式の発車標が改札上と各のりばに設置された。列車接近メロディーは、かつては「瀬戸の花嫁」であったが、2015年3月からは西条市出身のテノール歌手・秋川雅史の「千の風になって」に変更されている。なお、当駅終着のミッドナイトEXP高松は、2018年3月現在、特急としては四国内で最も遅い時間の1時15分着となっている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)