新大阪駅に停車中の、関空特急ハローキティはるかでございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




281系と付属編成271系電車が併結された関空特急ハローキティはるかでございますですね。京都駅を経由し琵琶湖線の野洲駅まで行く列車でございます。現在は梅田貨物線経由で大阪駅に停車することなく運転されておりますが、来年には梅田貨物線の経路変更による大阪駅地下ホームが開業するので、はるかもそちらに停車いたしますのでございます。さらにはなにわ筋線も建設されますのでね、楽しみでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    はるかは、西日本旅客鉄道(JR西日本)が、関西国際空港のアクセス列車として野洲駅・草津駅・京都駅 – 関西空港駅間で運行している特急列車である。1994年9月4日に開港した関西国際空港(関西空港)への空港アクセス鉄道の1つとして運行を開始した。琵琶湖線(東海道本線)の野洲駅・草津駅・京都駅から新大阪駅・天王寺駅を経由して関西空港駅に至る。新大阪駅 – 天王寺駅は、南紀方面の特急「くろしお」と同様に梅田貨物線及び大阪環状線の西側を通るルートであり、そのため主要駅である大阪駅には停車できない(2023年に大阪駅地下ホーム(通称:北梅田駅)開業以降は停車が可能となる)。空港連絡特急列車の意味合いで、関空特急 (Kansai Airport Limited Express/Kansai A.P Ltd.Exp) と言う名称が与えられている。この使い分けの例として、新大阪駅・天王寺駅では、関西空港行きを「関空特急」、京都方面行きを「特急」として区別している。また、「JR時刻表」の編成表にも「関空特急[電車]はるか」と記載されている。南海電気鉄道(南海電鉄)の空港アクセス特急「ラピート」のライバルであるが、「ラピート」が停車駅を拡大したのと同様、本列車群も当初の空港アクセス専業に加えて、ラッシュ時間帯に運行される列車では停車駅を増やした事や米原まで延伸した事も有って、通勤特急の色合いも強くなっている。新大阪や京都、その先の滋賀県から乗り換えなしで関西国際空港へのアクセスが可能であり、南海の「ラピート」と比較してJR西日本の鉄道網を活用した広域アクセスで強みを見せる。2019年6月21日、近年の訪日外国人旅行者の増加に対応する為、付属編成(3両編成)6本を増備し、2020年春を目処に「はるか」を全列車9両編成化する予定が発表された。増備される付属編成は従来の281系ではなく、衝突・衝撃吸収構造を強化し、車内サービスを充実させた新形式(271系)となることが発表され、2020年3月14日から営業運転を開始した。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ