武雄温泉駅は、佐賀県武雄市武雄町大字富岡にある、JR九州の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






佐世保線の武雄温泉駅でございます。あと4ヶ月で西九州新幹線が開業する、直前の状況でございます。西九州新幹線開業後は「リレーかもめ」「みどり」と西九州新幹線の列車が対面乗り換え出来る構造になるようでございます。工事は現在ラストスパートでございますですな。西九州新幹線の、ここから新鳥栖までのルートが揉めに揉めております。佐賀県にはメリットが少なく負担のみ大きい並行在来線の第三セクター化が大問題なのでございますね。果たしてどのような決着を見るのでございましょうね。今更ですが、スーパー特急方式が身の丈に合っていたのにな~、みたいなことでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    武雄温泉駅(たけおおんせんえき)は、佐賀県武雄市武雄町大字富岡にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。佐賀県西部の主要都市であり、武雄温泉でも知られる武雄市の代表駅で全ての列車が停車する。当駅は2022年(令和4年)3月現在、佐世保線(在来線)のみの駅であるが、2022年(令和4年)9月23日に西九州新幹線(九州新幹線西九州ルート)の当駅 – 長崎駅間が開業予定である。構内には武雄市観光案内所が設けられている。単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ高架駅。ただし島式ホームのうち南側の1線は新幹線ホームの設置工事に伴い使用停止中で、現在は事実上相対式ホーム2面2線となっている。2番線ホームにはエレベーター・エスカレーター(上り専用)が設置されており、特急全てを含む大半の列車は2番線を使用し、1番線は主に行き違いがある場合の一部の普通列車のみ使用する。直営駅で、みどりの窓口・自動券売機が設置されている。西九州新幹線開業後は現在使用停止中の3番線に西九州新幹線接続列車の「リレーかもめ」「みどり」が停車し、3番線を挟むように対面乗り換え用の島式ホームが設けられ10番線ホームとして運用、西九州新幹線用として11番線ホームと、単式の12番線ホームが設けられる予定。新駅舎完成後に駅構内に開店したカフェ「カイロ堂」が駅弁の製造・販売を開始した。「佐賀牛すき焼き弁当」は「九州の駅弁グランプリ」で初エントリーした第8回(2011年度)から2回連続で、「佐賀牛 極上カルビ焼肉弁当」は第10回(2013年度)で優勝している(第7回の優勝は有田駅の「有田焼カレー」のため佐賀県勢としては4連覇した)。なお、駅弁はカフェ内で定食として食べることができる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ