讃岐塩屋駅は、香川県丸亀市塩屋町三丁目にある、JR四国予讃線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






予讃線の讃岐塩屋駅でございます。丸亀駅と多度津駅の間にある駅で、普通列車のみ停車する駅でございます。瀬戸大橋を経由して予讃線に入る列車の通る駅では、多度津駅までの間で普通列車のみ停車する駅ってのはこの駅だけでございます。少し前まではホームが短いため通過する普通列車もあったという酷い扱いを受けていたようですなw 更に前の国鉄時代は仮乗降場同然の扱いで普通列車もほとんど通過していたらしいてすな。相対式ホーム2面2線の無人駅ですが、駅舎がなくてホームへの出入り口はそれぞれのホームで独立している上に跨線橋や構内踏切等もなく、線路を跨いでいる一般道路の陸橋を使って行き来するしかございません。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    讃岐塩屋駅(さぬきしおやえき)は、香川県丸亀市塩屋町三丁目にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅。相対式ホーム2面2線を有する地上駅で無人駅である。道路陸橋の真下に待合用の椅子がある。かつては香西駅、讃岐府中駅、八十場駅同様、ホームが2両分しかなく、国鉄時代は仮乗降場同然の扱いで普通列車もほとんど通過していたが、JR化され電化完成後は停車列車が増えた。多度津寄りの2両のみドア開閉し、前寄りの1~2両が締切扱いだった。また、JR西日本の115系はドア締切回路を備えていないため、同車両を使用する岡山~琴平間直通列車は通過していた(土讃線阿波池田駅発着の気動車列車も同様)。現在はホームは4両分の長さになっている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ