鶴見線で鶴見駅に戻り、東口に出て京急鶴見駅に向かいます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








元々は鶴見臨港鉄道として開業した鶴見線でございます。鶴見駅のホームは地上の京浜東北線ホームとは別に、高架上にございます。行き止まりの頭端式ホームでございます。この後、食事をしてから京浜急行の京急鶴見駅から羽田空港に向かいます。岡山空港まで飛んで帰るのでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    鶴見線(つるみせん)は、神奈川県横浜市鶴見区の鶴見駅と神奈川県川崎市川崎区の扇町駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。この他に以下の支線を持つ。神奈川県横浜市鶴見区の浅野駅から分岐して海芝浦駅までの支線(通称 海芝浦支線)神奈川県川崎市川崎区の武蔵白石駅から分岐して大川駅までの支線(通称 大川支線)東京地区の電車特定区間(E電)の路線の一つであり、鶴見から横浜・川崎市内の京浜工業地帯へ向かう短い路線である。冒頭や後述の路線データに示す3つの路線から構成されている。沿線は工場が多く、旅客列車はそれらの工場への通勤客が主に利用する。また旅客列車のほか、貨物列車が日本貨物鉄道(JR貨物)によって運転されている。浅野財閥系の鶴見臨港鉄道(会社自体は不動産業の東亜リアルエステートとして現存)を前身とする。鶴見線の平均駅間距離(本線のみで0.7 km。支線含めて約0.8 km)はJRグループの路線の中で最も短い。すべて電車で運転されている。弁天橋駅構内に車庫の鶴見線営業所がある。かつては弁天橋電車区と称していたが、1988年に車両配置は中原電車区(現:鎌倉車両センター中原支所)に統合された。鶴見臨港鉄道の開業当時、この路線は埋立地上にあり、沿線には地名が存在しなかった。このため、鶴見臨港鉄道に関わった実業家や土地所有者から取られた名前が、新たに定められた地名や鶴見線の駅名の多くに採用されている。鶴見小野駅(小野町)は地元大地主の小野信行、浅野駅は浅野財閥創設者で鶴見臨港鉄道の設立者でもある浅野総一郎(地名の末広町も浅野家の家紋に由来)、安善駅(安善町)は安田財閥の安田善次郎、武蔵白石駅(白石町)は日本鋼管(後のJFEスチール)の白石元治郎、大川駅(大川町)は製紙王の大川平三郎から取ったものである。扇町駅(扇町)も浅野家の家紋が扇であったことに由来する。その他の駅でも、国道1号(後の国道15号)が近くを走るから「国道」、近隣の池に架けられた橋から「弁天橋」、昭和肥料(後の昭和電工)扇町工場の近くにあったことから「昭和」、石油精製所の近くにあったことから「石油(後の浜安善)」、芝浦製作所(後の東芝)の工場に隣接するから「新芝浦」「海芝浦」、鶴見工業実習学校の近くにあったことから「工業学校前(後の鶴見小野)」、曹洞宗の大本山である総持寺の近くにあったことから「本山(廃駅)」など、周辺の工場などの施設に由来する命名が多い。鶴見駅と国道駅の間にある東海道本線を跨ぐ橋梁より鶴見駅方にホーム跡があり、これが廃止となった本山駅の跡である。ホーム跡の高架下は旧鶴見臨港鉄道のバス事業を源流の一つとする川崎鶴見臨港バスの車庫として利用されており、以前は横断距離が長いことで有名だった総持寺踏切もあった。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ