喜多方駅は、福島県喜多方市字町田下にある、JR東日本磐越西線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。












磐越西線の喜多方駅でございます。2面3線のいわゆる国鉄型配線の駅ですが、それに加えて現在は使用されていない切り欠きホームが現存しております。ここに日中線が発着していたのでございますね。磐越西線は郡山駅からこの喜多方駅までが交流電化区間、ここから新潟方面は非電化となります。現在はここと山都駅の間にある濁川橋梁が大雨によって倒壊したため不通となっているのでございます。代行バスがここから出ております。山都駅から先も山間部で随所に被災しており、再開には幾多の困難が予想される状況となっております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    喜多方駅(きたかたえき)は、福島県喜多方市字町田下(まちだした)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線の駅である。郡山からの交流電化区間は当駅までで、新津方面は非電化区間となる。郡山から当駅までの各駅の管轄は仙台支社であり、当駅以西は新潟支社に変わる。かつては日中線が接続していた。単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを有する地上駅。互いのホームは跨線橋で結ぶ。S造平屋造りの駅舎には、みどりの窓口、自動券売機のほか、簡易Suica改札機、待合室、自動販売機、トイレなどを置いている。テナントとして観光案内所(約30平方メートル)がある。国鉄時代は1番線ホームの新潟側(現在の駐車場の部分)に切欠きの4番線があり、朝・晩に日中線の列車がここから発着していた。また、転車台や給水塔などの設備も駅西側の日中線沿いに存在していた。旧4番線ホームは現存しており、駅名標が残されているほか、一部の線路が保線基地に転用されている。業務委託化までは直営駅(駅長・助役配置)で、管理駅として、塩川駅・姥堂駅・会津豊川駅の3駅を管理していた。喜多方市は蔵の町、ラーメンの町として知られ、駅周辺には多くの蔵や喜多方ラーメンの店が建ち並ぶ。「蔵とラーメンで有名な喜多方市の玄関口」として、東北の駅百選に選定された。当駅は、磐越西線における仙台近郊区間、Suicaの仙台エリアの最西端である。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ