箕浦駅は、香川県観音寺市豊浜町箕浦にある、JR四国予讃線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。












予讃線の箕浦駅でございます。貨車改造駅舎のある駅として有名です。北海道によくある貨車を改造した駅舎でございます。ホームから海が近くに見えることで知られております。駅舎の隣にうどん店がある事でも知られております。島式1面2線の駅で、他に海側に保線車両用留置線があります。無人駅でございます。香川県の最西端かつ最南端の駅で、この駅から先で愛媛県に入りますが、県境のトンネルである鳥越トンネルは断面が小さいため、通過対策が施された電車や機関車しか通れないのでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    箕浦駅(みのうらえき)は、香川県観音寺市豊浜町箕浦にある四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅。香川県内の鉄道駅としては最西端かつ最南端に位置し、川之江駅との間で愛媛県との県境をまたぐ。島式ホーム1面2線を有する地上駅。線路の使用方法は1番線が上下副本線、2番線が上下本線(制限速度100km/h、一線スルー)となっている。 交換列車がないときは列車種別に関係なく2番線に入線する。 観音寺方面には車庫がある。貨車を改造した駅舎を持つ。無人駅。JR四国発足前後の一時期、旧型客車を改造したカフェレストラン「エイティーエイト」が併設されていた。トイレは撤去され現存しない。予讃線には起点の高松駅より当駅までトンネルがないが、当駅の西にある鳥越トンネル(愛媛県との県境でもある)をはじめとする同線のトンネルは断面が小さく、パンタグラフ折りたたみ高さが4000mm未満でなければ通過できないため、JR他社の電車の大部分(マリンライナー専用のJR四国5000系電車を含む)は当駅より西に入ることができない。JR四国以外の電車・電気機関車では285系電車・EF65形電気機関車・EF210形電気機関車が鳥越トンネル通過対策済みとなっている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ