古高松南駅は、香川県高松市高松町にある、JR四国高徳線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




高徳線の古高松南駅でございます。単式1面1線の棒線駅で、駅舎のない無人駅でございます。ホームへは道路から続くスロープで直接出入りする形でございます。ホームから道路を挟んで向かいにある池の北端は王墓遺跡で、「景行天皇の王子で讃岐国の国造の始祖神櫛王の墓所」なのだそうです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    古高松南駅(ふるたかまつみなみえき)は、香川県高松市高松町にある四国旅客鉄道(JR四国)高徳線の駅である。単式ホーム1面1線を有する地上駅。駅舎はない。無人駅である。ホームの徳島方の端付近が高松市と旧・牟礼町との境界であった。平田池-国道をはさんで駅前に広がる大きな池。香川用水が完成するまでは付近の住民の飲料用水であったという。その北端にある森は「王墓(おうはか)」と呼ばれる遺跡であり、「景行天皇の王子で讃岐国の国造の始祖神櫛王の墓所」という看板(旧牟礼町教育委員会)がある。なお、「王墓」はその北側にある八栗駅近くの交差点の看板名に残る。池・遺跡ともに宮内庁管理である。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ